新潟インターンシップ2019
インターンシップマッチングフェア開催終了報告

新潟インターンシップ2019 冬のインターンシップマッチングフェア 入場

11月23日(土)に、冬のインターンシップマッチングフェアを開催いたしました。
延べ196名の学生さんに参加いただき、多くの企業様と出会うイベントとなりました。

report午前の部

午前は、企業様と出会う前にインターンシップの基本を学ぶ座学です。
「インターンシップとは?参加前に必要な心構えとは?」を新潟大学の高澤助教よりお話いただきました。

新潟インターンシップ2019 冬のインターンシップマッチングフェア 高澤先生

続いて、企業様に行った際に必要となる事前マナー講座を開催。
社会人としての心構え、基本となる姿勢や挨拶、仕事の指示の受け方などを学びました。

新潟インターンシップ2019 冬のインターンシップマッチングフェア マナー講座

特に申し込み後すぐに必要となるのはメールの書き方や電話のかけ方、エントリーシート作成時の注意点など。
メモを取りながら、しっかりと学んでいる様子が伺えました。

その後は、インターンシップに複数参加経験のある学生、社会人1年目の先輩より、体験談をお聞きしました。

【先輩学生】
「やりたいことが明確ではない2年生の時は、とにかく少しでも希望に近そうな企業に参加しました。参加するうちに業界や企業のことだけでなく、自分自身の職業観も明確になってきたと感じます」
「はじめは緊張しながら参加していたけど、経験を重ねると自信につながってきます。そのインターンシップで何を得たいのか目標を作って参加するなど、有意義な時間にできるかどうかは自分次第です」

新潟インターンシップ2019 冬のインターンシップマッチングフェア 先輩学生

【社会人の先輩】
「おおよその希望業界は決まっていたものの、どんな仕事をするかは千差万別。同じ業界内で様々な会社・職種をインターンシップで体験しました」
「就活を振り返ると、就活解禁以降にゆっくり考える時間はほぼない状態。時間がある今だからこそ、じっくり企業理解したり自分の興味関心に向き合うべき」 など、体験しているからこその生の情報に、学生たちは真剣に聞き入っていました。

この先の就活を視野に、今できる一歩を踏み出す大切さをお聞きできたようです。

report午後の部

60社の企業様に集結いただき、学生とのマッチング会を実施しました。

事前に気になる企業様をマークしている学生が多く、目的意識をもってブースを訪れる姿が印象的でした。
私服で参加できるのが当イベントの特徴。
就職活動ではないため、気軽に企業様の取り組みや体験内容についてお話を聞くことができたようです。
また、ほかでは出会えない「地場密着中小企業」との接触に喜ぶ学生の声も多数聞かれました。
新潟県が実施するイベントならではの利点ですね。
これまで知らなかった企業との、予期せぬ出会いがあちこちで生まれていたようです。

reportおわりに

今回のイベントを通じ、1社だけでなく2社・3社と行きたい企業を見つけた学生さんが大勢いらっしゃいました。
早い方は、12月からインターンシップがスタートします。 ご自身の将来の選択肢、可能性を広げるための大きな一歩です。

サポートデスクでは、インターンシップの申込サポートほか、些細なご相談も承っていますので、疑問や不安がある方もお気軽にお問い合わせくださいね。


新潟県インターンシップサポートデスク
Tel:025-211-4457

シェアする

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
トップへ戻る