2016年度 インターンシップ実践報告会の開催終了のご報告

3月14日(火)新潟大学 駅南キャンパス 「ときめいと」にて、2016年度 新潟県インターンシップ実践報告会が行われました。
15名の学生さんから実践報告をして頂き、多数の企業様・大学関係者様がご参加下り、盛況のうちに終了いたしました。

 

第1部

2016年度 インターンシップ実践報告会の様子
2016年度 インターンシップ実践報告会の様子

15名の学生さんからそれぞれの体験を発表していただきました。
インターンシップ先の企業様や大学関係者様の前で、緊張しながらも立派に報告しました。

 

第2部

2016年度 インターンシップ実践報告会の様子
2016年度 インターンシップ実践報告会の様子

ワールドカフェを行いました。
テーマは『皆さんがインターンシップに本音で期待することは何ですか?』。
学生さんも企業様も、意見を交換していただきました。
インターンシップにおいて、互いに求めている本音を知り、目から鱗なこともあったようです。

 

感想

  • 今まで企業の人に「こんなこと聞いたら失礼かな…?」と思っていたことも、思い切って質問できた。(学生Aさん)
  • もっと早くからインターンシップに参加するべきだったと感じました。(学生Bさん)
  • インターンシップで今の学生が求めていることを直接聞けて良かった。(企業Cさん)
  • 学生と企業と大学、それぞれの情報交換の場があるといいと感じた。(企業Dさん)
  • 「インターンシップ」=「就活」と決めつけず、大学生活の中で活かせることもたくさん学ぶことができた。

 

今年度の集大成となる報告会が終了し、2016年度新潟県インターンシップ事業もいよいよ終盤です。
この一年間、たくさんの学生さんが新潟県インターンシップに参加し、たくさんのことを学んでいただきました。
インターンシップでの経験を活かして、ステップアップしてくれることを祈念しております。