新潟県商工会連合会

新潟県商工会連合会の人事研修課で働くKさんにお話しを伺いました。

今のあなたの仕事内容を教えてください

私が主に担当しているのは、職員協議会という当会職員が所属する団体の事務処理です。会員への給付金の支払い、会費の徴収や総会資料等の印刷物の作成などを行っています。また、採用試験の際の受付や会場設営なども行います。
他の部署の仕事紹介として、同期2人の仕事を紹介します。組織指導課に所属する同期は、主に青年部という商工会に所属している組織の活動のサポートやそれに係る事務処理等を行っています。また、広域指導センター所属の同期は、弁護士の先生をお招きし、一般の方でも法律に関する相談を無料で行える、無料法律相談の担当をしています。具体的な仕事内容は、先生方との日程調整や謝金の支払い、広報、受付窓口です。

この会社を選んだ理由は何ですか?

地域の方々と密接な関係を築いて仕事ができ、地域経済活性化のサポートを身近で行うことが可能である点が魅力でした。また、企業説明会や地元の商工会職員の方が和やかな雰囲気であったことも決め手の1つです。

仕事での印象的なエピソードを教えてください

職員協議会の総会資料を作成したことです。この仕事が私にとって、初めての1番大きな仕事であったと感じます。スケジュール調整や印刷会社とのやり取り、原稿の作成依頼等、最初は自分にできるか不安でしたが、周りの方々のサポートのおかげもあり、無事に完成させることができました。完成品を見た際には、大きな達成感を感じました。

学生時代のインターンシップで得たものは何ですか?

私は、半日のみのインターンシップに3か所参加しました。半日のみであったことから、実際の仕事を体験するよりも職員の方々との交流に重点が置かれていたように感じます。特に、年齢の近い先輩職員の方と接した際に、学生と社会人の違いを肌で感じることができ、働くことについてより真剣に考える機会となりました。

インターンシップ参加を検討している学生に一言お願いします

インターンシップでは、実際に仕事を体験することや職員の方と話すことができるため、仕事と職場の雰囲気を知ることができます。そのため、気になっている業種や企業の事を知ることのできる大きなチャンスだと思います。あの時、インターンシップに行っておけばよかったと後悔しないように、ぜひ参加してみてください。

企業の詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
トップへ戻る