株式会社はあとふるあたご

株式会社はあとふるあたごのショートステイ水原で働くOさんにお話しを伺いました。

今のあなたの仕事内容を教えてください

生活相談員と介護職を兼務しています。介護職として、入浴、食事、排泄、就寝介助などを行っています。生活相談員としては、実績配布、請求業務、カンファレンス参加、契約、ケアマネージャーやご家族との連携、連絡を行っています。

この会社を選んだ理由は何ですか?

大学で社会福祉士の資格を取得する学科にいたので、生活相談員として働きたいと思っていました。ただ、どの分野に進むのかは決めていないため、実習やインターンシップ、施設見学をしながら進路を決めようと考えました。体験した中の一つが株式会社はあとふるあたごで、生活相談員が、現場で介助を行っていることを知り、ぼんやりとしていた生活相談員としの将来像が浮かびました。私もこのようになりたいと思える場所だったので入社を決めました。

仕事での印象的なエピソードを教えてください

毎日どのようにするとお客様やご家族にとってよりよい場所になるのかを先輩やケアマネージャーと情報共有し連携を取っています。現場にいることでお客様の状態をより密に知ることができ、記録以上の情報をケアマネージャーやご家族に伝えることができます。情報を共有し、連携を取ることで良い状態になったときに、お客様やご家族、ケアマネージャーからお礼のお言葉を頂くことがあり、嬉しいです。とてもやりがいを感じる瞬間です。

学生時代のインターンシップで得たものは何ですか?

生活相談員が現場でどのような業務を行っているのか、授業では習っていなかったので、事務所の中で仕事をしているものだと思っていました。インターンシップで介護現場にも入り、お客様と毎日接っするからこそお客様の少しの変化にも気付け、それをお客様のご家族やケアマネジャーに伝えることで信頼関係が築けることを学べ、生活相談員としての自分がどのようにかかわるべきか、将来像がわかるようになりました。

インターンシップ参加を検討している学生に一言お願いします

学生の時が一番時間があるので、勉強も遊びも全力でして下さい。資格を取る、旅行にいく、アルバイトをするなど自分がやりたいことをして下さい。もしかしたら、やりたくないことも後にいきるかもしれません。私は、実習が辛くて辞めたいと思ったこともありましたが、今の仕事に通じるものがあります。何をしたらいいかわからない人は、友達の真似をしてみるのも一つです。私は、友達の真似をしてインターンシップに行きました。インターンシップ先が、就職先になりました。思ってもみなかったことが、現実になることがあるので、まずは行動をしてみてください。

企業の詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
トップへ戻る