新潟県醤油協業組合|長岡市|企業紹介

新潟県醤油協業組合

インターンシップではどんな体験ができますか?

まず、しょうゆや醤油加工品の製造工程を見学していただきます。
普段何気なく口にしているしょうゆの製造工程や、食品製造業ならではのモノづくりの楽しさ・厳しさも体験していただくことができます。

また、若手社員とランチをしながら、具体的な仕事内容や会社の雰囲気を知ることができます。食品製造業のこと、就職活動のこと、なんでも気兼ねなく質問してください。

【当組合の取り組みや製造過程について学べる1DAYインターンシップ】
実施時期は1/23(火)、1/30(火)、2/2(金)、2/6(火)で、3年生対象となります。
◆会社説明
◆工場見学
◆若手社員との交流会(昼食会)

御社の事業内容や注力している点を教えてください。

新潟県では400年以上も昔から各地でしょうゆづくりが行われてきました。

「新潟県醤油協業組合」は、そんな伝統の技術を育んできた県内の老舗醸造元18社が集結して誕生したメーカーです。
現在では、県内醤油生産量の約7割を製造し、県内トップシェアを誇っています。近年は商品開発にも力を入れ、オンリーワンを目指した商品づくりに挑戦しつづけています。

当社が製造している商品は、しょうゆだけではありません。
麺つゆ、たれつゆの他、ラーメンスープや焼き肉のたれなど、醤油加工品も多数製造しています。皆さんが日頃口にする食べ物にも、弊社の商品が使われているかもしれません。

また、「新潟県の農業活性化に貢献したい!」との思いから、「新潟県産復刻プロジェクト」を立ち上げ、県内の休耕地に小麦の作付けをお願いしながら、その小麦や県産の大豆で作った天然醸造しょうゆの製造を通じて地産・地消の面からにも役立ちたいと日々努力しています。

どんな学生に参加してほしいですか?

・何より食べることが大好きで、モノづくりに興味のある方
・明るく健康的で元気のある方
・新潟県が大好きで地元の企業で働きながら何か役立ちたいと考えている方

職員の方から見て、職場はどんな社風・雰囲気ですか?

年齢層が幅広く社員皆が家族のようにアットホームな雰囲気です。
色々な社内リクリエーションを通じて社員間のコミュニケーション良化を図っています。

また、新しい知識や技術を取り入れる環境が整っています。具体的には、社員のモチベーション&スキルアップのために、個人の状況に応じて三条の中小企業大学校へ派遣するなど、個々の能力開発や人間力向上を応援しています。
しょうゆづくりに完成はありません。常に社員一人一人が成長と挑戦を続け、誇りをもって仕事に向き合っています。

ぜひ、皆さんの目と鼻と耳で「食」をつくる仕事の現場を体感していただきたいと思います。

 

インターンシップ概要

企業名 新潟県醤油協業組合
所在地 〒940-1131
新潟県長岡市十日町1901番地1
最寄駅・交通手段  バス停「高山」下車 徒歩2~3分
業種 製造業
事業内容詳細  業務用として県内の米菓をはじめ食品メーカー向けのしょうゆ、液体調味料の販売、市販品として越後良寛、ヤマサキ、キッコーシンブランドのしょうゆ、液体調味料を県内、首都圏を中心に販売
実習場所 事業所
実習内容 当組合について知っていただくための1DAYインターンシップを予定しています。
実施時期:1/23(火)、1/30(火)、2/2(金)、2/6(火)
対象学生:3年生
・会社説明
・工場見学
・若手社員との交流会(昼食会)
受け入れ可能人数 複数人
受け入れ対象学生 大学生、短大生、専門学校生
実習時期 夏季(8月~9月、1~3年生対象)
冬季(1/23(火)、1/30(火)、2/2(金)、2/6(火)、3年生対象)
実習期間 1日、1週間(実習5日)、2週間(実習10日)
外国人留学生対応
バリアフリー対応
交通費・宿泊費の補助
その他企業からのサポート 作業服、長靴など貸与
市町村からの補助
 ウェブサイト http://kikoshin.co.jp/