シャープ新潟電子工業株式会社|2017年度|体験レポート

Sさんのインターンシップ体験レポート

シャープ新潟電子工業株式会社にてインターンシップを体験したSさんにお話しを伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

シャープ新潟電子工業株式会社は、シャープからMBOにより独立した会社で、ソーラーパワーコンディショナーや蓄電池システム、LED灯具や電源モジュールといった電気機器を開発・生産・販売しています。商品開発スピードの早さ、国内生産による短納期を強みとし、注文に沿って次々とラインを変えながら様々な製品を作っています。

どんな事を体験しましたか?

工場の様子やそこで使われている機械、作られている製品、品質管理に必要な様々な試験を行うための設備を有する部屋や計器、実験と開発の両方を行える広いワンフロアの開発環境、そして社員食堂やリフレッシュコーナーなど、社員が仕事をする環境がどのようであるかを詳しく見せてもらいました。

 

 何を学びましたか?

アナログ電源のしくみ及びそれを実際に製品とする際に要求される規格や寿命、測定室や試験機の機能、ユーザーの要望に沿ったものを注文を受けてからラインを変えつつ生産していくというやり方、MBOやODMといった業界の略語の意味や、効率化のために自分たちで製品を使って試してみたりツールを作ったりするというアイディアなどを学ぶことができました。

 

 今後の学生生活で、この体験をどのように活かしますか?

大学で学んだことが就職先で活かせる保証はないので、自分がしている勉強が役に立つ日が来るのかと日々考えながら過ごしていました。しかし社員の方々に、あらゆる産業において機械屋にしかできないことがあると教えてもらい、特に重要だと思われる科目に対してのモチベーションが向上しました。

 

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい。

自分の職業選択の幅が広がったと思います。「これは自分が勉強してきた分野とはあまり関係がない」と思っていた仕事でも、そこでは様々な分野を勉強してきた人たちが働いていて、それぞれにできることをやっています。なんとなく「自分は機械系だから電気はちょっと」と決めつけたりせずに、うまく自分ができることと興味を持ったことの折り合いをつけて今後の仕事選びに生かしていきたいです。

 

 この企業のインターンシップ詳細情報

シャープ新潟電子工業株式会社