株式会社メビウス|2017年度|体験レポート

Mさんのインターンシップ体験レポート

株式会社メビウスにてインターンシップを体験したMさんにお話しを伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

企業をお客様としており、業務アプリケーション(業務の目的に応じて利用するソフトウェア)の開発をメインに行う企業です。
主に首都圏の大手企業を取引先としていて、実際に業務アプリケーションを使うお客様との関わりもあります。
また、中小企業ならではのアットホームな雰囲気でした。

どんな事を体験しましたか?

2日間のインターンシップで、1日目はIT業界、SEの仕事についての説明を受けた後、若手の先輩社員の方々との座談会を行いました。
2日目は実際にPCを使った開発体験を行い、更に課題に対するシステムの企画・プレゼンという上流工程のグループワークを行いました。

 何を学びましたか?

実際のシステム開発とはどういうものなのか、ということを開発体験で学ぶことができました。
上流工程体験のグループワークでは、課題を解決するためにグループでの役割分担が重要だということを改めて実感しました。
また、プレゼンではシステムを必要としている相手に、企画を説明することの大切さと難しさを知ることができました。

 

 今後の学生生活で、この体験をどのように活かしますか?

今回のグループでの活動を経験して、グループ内で自分がどう動けばグループが活発になるのかということを意識していきたいと思いました。また、大学でもプレゼンのように、人に自分の考えを伝える機会があるので、そこでインターンシップでの経験を活かしたいと思います。

 

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい。

インターンシップに参加して、プログラマーやシステムエンジニアの仕事が前よりもイメージできるようになりました。パソコンの前で作業するだけでなく、システム開発のために話し合いを行い、プロジェクトメンバーやお客様との関わりも多いということが分かりました。
 

 

 この企業のインターンシップ詳細情報

株式会社メビウス