株式会社福田組|2017年度|体験レポート

Kさんのインターンシップ体験レポート

株式会社福田組にてインターンシップを体験したKさんにお話しを伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

私がインターンシップに行かせていただいた株式会社福田組様は、今年で創業115年を迎える歴史ある企業です。道路や橋などの土木関係から、商業施設や文化施設などの建築関係まで、幅広い分野の設計、施工を行うゼネコンです。

どんな事を体験しましたか?

建設現場では、一緒に朝礼と昼礼に参加させていただき、現場の見学、写真記録のお手伝い、レベルとトランシットの使い方を教わりました。現場事務所では写真記録のまとめや施工図のチェック、会議で使用する書類の作成を手伝わせていただきました。

何を学びましたか?

施工計画や施工管理、建設現場での安全管理、現場で行われていた工法について学ぶことができました。また、実際に現場で見て体験してみないとわからないことが多く、授業で習うことを理屈からより深く理解することがたくさんありました。
担当してくださった方々の今までの経験から、今の建設業界のことや、就職についても教えていただくことがあり、大変勉強になりました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

自分がどんなことをやりたいのか、どんな企業に就職したいのか、今後またどんなところに自分がインターンシップに行けばよいのかが分かったので、このインターンシップの経験を今後の就職活動の参考にしようと考えています。

その他

今回のインターンシップで一番感じたことは、自分が勉強不足であることでした。建築のことに関してもそうですし、就職や建設業界に関することも自分はわかっていないんだなと感じました。インターンシップを通して、今自分がすべきこと、勉強しなければいけないことがわかり、参加前に比べて就職活動に対する積極性が生まれたと感じます。

この企業のインターンシップ詳細情報