株式会社サカタ製作所|2017年度|体験レポート

Kさん、Hさんのインターンシップ体験レポート

株式会社サカタ製作所にてインターンシップを体験したKさんHさんにお話しを伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

Kさん
公共産業用の屋根やソーラーパネルの取付金具を扱っている企業で、そのシェアは国内トップです。また、社内全体の雰囲気がとても良く、上下関係を意識させないアットホームな会社でもありました。

Hさん
金属製折板屋根やソーラーパネルの取付金具などを製作、販売している従業員160名程の企業です。

どんな事を体験しましたか?

Kさん
本社や阿賀野工場の見学や金属のプレス加工を体験しました。また、各部署を回りサカタ製作所の生産システムを学びました。

Hさん
座学や工場見学で製造方法や製品についての基礎的な知識を学んでから、現場に行き、プレス機械の操作と製品の組み立てを体験しました。朝礼や食堂での食事も社員の方々に混じり体験しました。最終日では3日間のインターンシップで学んだことを発表しました。

何を学びましたか?

Kさん
製造業の知識と、出荷までのシステムを学びました。製造業の加工についての知識はだいたいイメージにあったのですが、受注システムは全く知識がなかったので効率化された流れに驚きました。社内の人間関係を良好に保つための対策を知り、会社を運営する上で雰囲気も重要な要素であると学びました。

Hさん
製造では効率良く作業する事と事故を起こさない事が求められたので、その為の工夫を学びました。社内のコミュニケーションや清掃もその工夫の一部だと聞いて驚きました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

Kさん
製造業の知識を就職活動に活かすのはもちろん、社内の良い雰囲気を保つための対策などは普段の生活においてとても参考になるものであると思いました。職員間のコミュニケーションについても、間近で見聞きし学ぶことが多かったので、普段の生活でも意識していきたいです。

Hさん
何事も効率よくできるようになりたいと思いました。普段の学校生活で刃物など危険な道具を取り扱う事が多々あるので、安全面への配慮として今回学んだことを生かしたいです。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えてください

Kさん
私は経済専攻で製造業の内部というものは全く知ることがなく、また興味もそれほど高くはありませんでしたが、今回のインターンシップでは製造業への理解が深まり、就職の一つの選択肢となりました。これから就職活動に入る者として、サカタ製作所で学んだことを職業選択の際に活かしていきたいと思います。

Hさん
企業の選び方について考えるようになりました。具体的には、事故を起こさない工夫が徹底されている企業に行きたいと思いました。

この企業のインターンシップ詳細情報

株式会社サカタ製作所