株式会社近藤組|2017年度|体験レポート

Kさんのインターンシップ体験レポート

株式会社近藤組にてインターンシップを体験したKさんにお話しを伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

 株式会社近藤組は、仕事に熱意があり、職場内の雰囲気もよく、佐渡金山と深く関わりのある大間港を世界的にアピールしている企業です。
大間港のアピールを通して、佐渡金山の世界遺産登録にも力を入れています。人事の方や現場責任者の方も心よく接してくださり、とても楽しく仕事のできる企業だと感じました。

どんな事を体験しましたか?

 現場見学、測量、安全パトロールで指摘のあったところの改善、タイルの傷の確認、
窓の養生、 墨出し、生コンの運搬。
勾配や距離を測る「デジタルセオドライド」といわれる機器を水平に保つように設置する
測量の体験をしましたが、 少しでもその機器に触れてしまうとずれてしまい、設置のやり直しが必要となる為、集中力が必要な作業でした。

何を学びましたか?

終日現場に出たり書類作成をしたりと働くということの大変さ、CADを用いた図面制作や墨出しなどの施工管理職の仕事内容を学びました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

 就職活動に向けて、自分自身の価値観を考える基準にしていきたいです。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

 施工管理職という職はイメージしていたものより過酷だと思いましたが、やりがいのある仕事であり、働いているという充実感が味わえると感じました。

この企業のインターンシップ詳細情報