株式会社 南雲製作所|2017年度|体験レポート

Kさんのインターンシップ体験レポート

株式会社 南雲製作所にてインターンシップを体験したKさんにお話しを伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

株式会社南雲製作所は、新潟県上越市に工場を構え、金型の設計・製作や、自動車部品の特殊プレス加工を行う企業です。
私がインターンシップに参加させていただいた三和工場は、精密機械によりミクロン単位で切削し、研磨することが可能で、高精度・高品質の金型を製作しています。
2016年度には全国の中小企業の中から経営的、社会的に優れた成果を挙げている企業に贈られる「グッドカンパニー大賞・特別賞」を受賞しました。

工場内はほとんど仕切りがなく、1つの大きなフロアーで一体となって業務に取り組めるようになっています。コミュニケーションを取りやすく、より生産効率を高めることができる環境だと感じました。

どんな事を体験しましたか?

実際に工場内に入らせていただき、図面の見方、測定器の扱い方、製造部の業務、金型のバラシ・組み立てなどを体験しました。
また、毎朝の清掃、ラジオ体操、朝礼にも従業員の方と一緒に参加させていただきました。従業員が一体となって1つのことに取り組むことで仕事にも良い影響があるのだということも、一緒に取り組む中で気づくことができました。

1日目 2日目
・朝の活動
(清掃・ラジオ体操・朝礼)
・会社説明、工場見学
・図面の見方
・測定器の取り扱い
・製造部での業務体験
・1日の振り返り
・朝の活動
(清掃・ラジオ体操・朝礼)
・技術部での業務体験
(金型バラシ・金型組立)
・2日間の振り返りとまとめ
・プレゼン、意見交換

 

何を学びましたか?

私にとって製造業のインターンシップに参加させていただくのは今回が初めてでした。図面の見方、測定器の扱い方、製造部の業務、金型のバラシ・組み立ての全てが初めての経験で、何も知らない状態から製造業の業務を知ることができたのは大きな収穫でした。
人事担当の方とお話しさせていただく機会もあり、挨拶の仕方や話の聴き方、コミュニケーション力を高める方法について教えていただき、「社会人として当たり前だが大切なこと」を学びました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

製造業という業種に興味をもちました。今後は大学で学んでいる分野だけでなく、視野を広げて情報収集を行いたいと思います。
自分自身のウィークポイントも、今回のインターンシップを通じて発見することができました。私は自信がなくなると声が小さくなったり、ぼそぼそと話したりしてしまうことが多いので、改善したいと思います。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい。

インターンシップに参加するのとしないのとでは、大きな違いがあると強く思いました。
インターンシップ先の企業を知れたり、その業種についての知識を深めたりできるのはもちろんですが、残りの学生生活をどのように過ごせばよいのか、私のなかで大きく意識が変わりました。
就職活動に関する情報収集や、資格取得に向けた勉強をして、無駄な時間を過ごさないようにしたいと思います。

この企業のインターンシップ詳細情報