株式会社ソリマチ技研|2017年度|体験レポート

Tさんのインターンシップ体験レポート

株式会社ソリマチ技研にてインターンシップを体験したTさんにお話しを伺いました。
 

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

 株式会社ソリマチ技研は、「いつの時代も社会から必要とされ続ける企業」として、人のやらない事を継続的に挑戦し続けることを大切にしている企業です。
株式会社ソリマチ技研では様々な事業を行っていますが、その中でも流通ソリューション(POS)事業を核としており、県内施設や多くの企業に製品を導入しています。さらに、地域貢献を創業以来の目標としており、県内で使われているICカードの「りゅーと」にポイント機能を導入し、交通機関の利用拡大を促進させるなど、地域に密着した社会貢献をしています。

どんな事を体験しましたか?

 取締役からIT業界や、県内のIT企業の現状・ソリマチ技研についての説明をして頂きました。また就活に際して、企業の注目すべき点などをレクチャーしてもらいました。さらに、取締役や社員の方々との名刺交換体験や座談会も体験しました。
午後からは、グループワークで「アイデアソン」(新たなアイデアを生み出す方法、アイデア+マラソン)を利用して、「ロボットの新しいサービス」を考えました。最後にはグループごとでまとめ、プレゼン発表をしました。慣れないメンバーで企画し、意見をまとめ、プレゼンの形まで創り上げるのは簡単ではありませんでしたが、とても良い経験になりました。
 

何を学びましたか?

 インターンシップによって、株式会社ソリマチ技研のことはもちろん、漠然としたイメージしかなかったIT業界について具体的な形を理解出来ました。
また、グループワークを通して、「人がやらないことをやる」ということの難しさを痛感しました。しかし、取締役のお話で、「ファーストペンギン」(群れで行動するペンギンの中で、最初に飛び込むペンギンのこと) の重要性について語られていました。「人がやらないことをやる」というのは、確かに困難ではあるが、人がやったこと、言われたことをやるだけではそれ以上の成長はなく、挑戦することを恐れてはならないと感じました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

 取締役のお話で、「貴方の使命と価値は何ですか」という内容が出てきました。その時、私は全く思いつきませんでした。日常の学生生活や、様々な活動の意味、その時の自分の使命・価値を考えていこうと思いました。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えてください

 インターンシップを通して、自ら考え、行動することの重要性を再認識しました。また、私はインターンシップ前の自分の欠点として、決断力が弱いことを挙げました。そこでグループワークではリーダーに挑戦しました。グループをまとめ上げることはやはり難しく苦戦しましたが、積極的な行動取るという第一歩を踏み出したことが私の成長ではないかと思います。
今後は、「ファーストペンギン」の姿勢で、自分の使命・価値を考えて行動していきたいと思います。

 

この企業のインターンシップ詳細情報

株式会社ソリマチ技研