株式会社コメリ|2017年度|体験レポート

Mさんのインターンシップ体験レポート

株式会社コメリにてインターンシップを体験したMさんにお話しを伺いました。

 

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

株式会社コメリは、ホームセンター事業、特に建築資材や園芸・農業用品の取り扱いを強みとした企業です。
社会問題にも取り組み、お客様の豊かな暮らしを実現するために様々な工夫をしている企業です。

どんな事を体験しましたか?

まずはじめに、会社の商品戦略(PB商品開発について)、出店戦略・新事業・社会問題への取り組み・経営理念などについて説明を受け、企業に関する知識を深めました。
その後、5-6人のグループで経営ゲームを行いました。自分を社長と設定した会社で、市場やターゲットをしぼってモノづくりを行い、商品力や販売力の向上、スタッフの雇用や商品の販売などを行う内容です。疑似資本金を増やすために、どのように経営すべきかを、楽しみながら考え、学ぶことができました。
ゲーム終了後にプレイ内容を振り返って、「経営」に必要なものは何かをグループ討議したので、メンバーと情報や意見を共有し、考えを深めることができました。
ゲームを通して経営というものを実感した後、再び会社の商品戦略(PB商品開発について)や出店開発の話を聞いたので、会社の経営方針や強みについてより深く理解することができたと思います。

経営理念などの説明

何を学びましたか?

どの企業で仕事をするうえでも重要な、経営方法や経営の際に必要なものは何かを学びました。
経営に必要なものの中でも、時代の流れや市場の大きさ、ニーズ、他社の動向など、様々な事象を見越して考えること、調査をすることが重要であると感じました。それだけでなく、お客様に必要としてもらえるモノづくり・仕事をすることも経営において必要であり、お客様のニーズにこたえることが、企業の強みにもなるということを知りました。
例えば、株式会社コメリのホームセンター事業は、建築資材や園芸・農業用品を豊富に取り扱っている点に強みがあります。このことは、実際に経営の疑似体験をしたおかげで、とても理解を深めて学ぶことができました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

将来を見越して考えることやニーズに応えることは、働くうえでは勿論、他の場面でも重要だと思うので、様々な状況で活かしていくつもりです

 

この企業のインターンシップ詳細情報