株式会社テック長沢|2017年度|体験レポート

Mさんのインターンシップ体験レポート

株式会社テック長沢にてインターンシップを体験したMさんにお話しを伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

年々、社員数と売上が増加しており、今、勢いのあるものづくり企業です。
男女の差がなく、若いうちから様々なことにチャレンジすることができ、
常に上を目指している金属部品メーカーです。
また、あいさつや職場内の安全に力をいれています。

どんな事を体験しましたか?

はじめに工場内を見学し、各部署の説明を受けました。
午後からは品質保証課の検査室で実際に使用している測定器について説明を受けました。
そのあと、実際に金属の直径や表面のあらさ等を測定しました。

 

 何を学びましたか?

品質管理では室温や測定する人、時間帯や頻度といった条件を揃えることが大切であると学びました。
また、図面から適切な測定方法を考え、測定するため、自分で考えることが多いと感じました。
 

 社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

就労体験をしたことにより、自分で考えて行動することが大切だと感じました。
残りの大学生活でも常に自ら考えて実習や卒業研究に勤しもうと思います。
また、コミュニケーションを取るうえであいさつは重要だと思いました。
これからも元気の良いあいさつを心がけようと思います。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい。

金属部品メーカーというと、男性が多いイメージですが、テック長沢様は女性も多く、
活躍しておりました。
実際に現場を見て、会社の雰囲気を見ることは大切だと感じました。
そして、視野を広げることも大切だと思いました。1つの業界に絞るのではなく、
様々な分野の業界を見ることにより、新しい発見があると感じました。

 この企業のインターンシップ詳細情報

株式会社テック長沢