社会福祉法人上越あたご福祉会|上越市|企業紹介

社会福祉法人上越あたご福祉会

インターンシップではどのような体験ができますか?

上越あたご福祉会では、介護業界の認知度やこの業界の仕事を知ってもらうことを目的として、インターンシップ生を受け入れしております。
高齢者介護部門においては、ほぼ全ての業態が揃っており、障がい部門もございますので、ご希望を聞かせてください。
インターンシッププログラムは、1日コース、3日間コース、そのほか学生さんのニーズに合わせてご用意できます。
福祉サービスに興味を持つ学生さんであっても、専攻によって知識も興味も違いますので、まずは、お一人おひとりのニーズをお聞きした上で、職種に応じてカスタマイズしたプログラムを提案しております。
そのため、一度に多くのインターンシップ生を受け入れるスタイルではなく、少人数での受け入れで充実した体験を行っていただきます。

御社の事業内容や注力している点を教えてください。

上越あたご福祉会は、平成13年8月に上越地区に開設し、今年で16年目となります。
「ご利用者が主役の施設」「ご利用者の生き甲斐を尊重し、ニーズに応えられる施設」という基本理念を追求してきた結果、25事業所を数える法人に成長してきました。
地域の方や行政の信頼を得られなければ展開できない業界において、多くの方の支持を得ているという自負があります。
上越あたご福祉会では、上越市・妙高市を中心に、高齢者介護支援と障がい者就労支援の2つの福祉サービスを手がけております。高齢者介護支援においては、老健以外のほぼ全てのサービスが整っており、地域の福祉に貢献している社会福祉法人です。

どんな学生に参加してほしいですか?

・人と接する仕事を体験してみたい方
・上越での就職を考えている方(県内・県外出身は問わず)

職員の方から見て、職場はどんな社風・雰囲気ですか?

職員の皆が「柔らかい」ということです。
ご利用者の前でサービスとして、優しく、柔らかいだけではなく、持ち場を離れても、その対応が変わることがないのが、当法人の社風であり、柔らかい風土を作っていると感じます。まさに、うらおもてなしの「おもてなし」風土であると思います。
その根底にあるのは、安心して働ける充実した福利厚生や、教育プログラムです。
今、世の中では「働き方改革」が大きく謳われていますが、当法人でも、より働きやすい環境を整備する取り組みを行っております。
来春には、介護や子育てで短時間労働を希望する職員に対して、週休3日制度の導入も予定しています。また、教育に関しては、仕事を覚えるまでは先輩社員についてマンツーマンで教えてくれたり、「100日プログラム」という教育プログラムなどで、成長を実感できると話をしてくれました。
このような教育の実践により、若手を育てる文化や「おもてなし」風土の醸成ができているのではないかと思います。

このページをのご覧になっている学生さんへ向けたメッセージ

 

インターンシップ概要

企業名 社会福祉法人上越あたご福祉会
所在地 〒943-0316
新潟県上越市三和区井ノ口1718-4
最寄駅・交通手段
業種 医療・福祉
事業内容詳細 老人福祉・介護事業、障害者福祉事業等
実習場所 上越市、妙高市の希望事業所
実習内容
  • 施設概要説明
  • 介護業務実習
  • リハビリ訓練実習

※興味のある職種をお知らせいただければその職種に合わせた実習内容を計画致します。

受け入れ可能人数 若干名
受け入れ対象学生 大学生、短大生、専門学校生
実習時期 通年
実習期間 1日、2~3日、1週間(実習5日)、2週間(実習10日)
その他(学校・学生と相談)
外国人留学生対応 日本語の能力により受入可
バリアフリー対応
交通費・宿泊費の補助
その他企業からのサポート
市町村からの補助
 ウェブサイト http://www.joetsu-atago.or.jp/