株式会社入広瀬|魚沼市

インターンシップではどんな体験ができますか?

株式会社入広瀬は農業生産、道の駅の運営、農産物加工品、菓子製造を行っています。
インターンシップでは、大きく二方面での体験ができます。
一つは、農業を軸とした事業展開の中で、道の駅での接客、農産物加工、菓子製造の助手の体験です。
もう一つは、自分が食べているものが、どのように生産されているのか、農業現場での作業の体験です。

冬のインターンシップでは、濁酒(どぶろく)の製造、道の駅での接客、ハウスで農作物の苗植付(春に植えるめの準備)や除雪などができます。

入広瀬

御社の事業内容や注力している点を教えてください

弊社の事業内容は、第一次産業である農業生産を軸として、第二次産業にあたる農産物加工品の製造、さらに第三次産業である「道の駅 いりひろせ」の運営を主としています。

魚沼地域は全国的に知名度のある魚沼産コシヒカリをはじめとして、豆類・キノコなど日本人の食事に大切な、そして、美味な食料が生産可能な奇跡の土地です。
ですが、豪雪地帯でもあるので冬期間の作業は減り、通年雇用が難しいのが現状です。特に山間部での後継者不足は深刻で、このままでは、わずか5年後の耕作放棄地の大発生が懸念されています。
なんとか働く場所を設けて、若者の定住を増やし、この地域の農業を守っていけないものかという点に注力しています。

そこで、弊社では冬期間も就労できる第二次・第三次産業を開拓し、「道の駅 いりひろせ」の指定管理に参入しました。また新たな事業展開としては、空き家管理にも着手しました。住み手のない古民家等を、地域を離れた持ち主にかわって管理しています。

どんな学生に参加してほしいですか?

農業は天気商売と言われるように、人間の力では及ばない面があり、その体験を、仲間や家族、いつか出会う自分の子供に伝えてもらいたいと思います。
自然と真摯に向き合って、命を育む食料を生産する。農業は人々にとってかけがえのないもので、永久不滅の文化産業であることを信じています。こんな思いに共感する方、生産現場を体験してみたい方はぜひ応募してください!

  • 健康優良で探究心のある人。
  • この機会を逃すと農業体験ができない人。
  • 食べることが好きな人。

職員の方から見て、職場はどんな社風・雰囲気ですか?

  • 23歳から66歳まで、親子ほどの年の差の仲間がいます。
  • 道の駅には女性スタッフが多いです。
  • 「飾り気はないけど気持ちは真っ直ぐ」な職場だと思います。

スタッフ集合写真

インターンシップの様子

企業情報

企業名 株式会社入広瀬
所在地 〒946-0304
新潟県魚沼市穴沢1337-2
業種 農業、林業
事業概要 農産物生産販売、加工品製造販売、道の駅いりひろせ指定管理、菓子製造販売
ウェブサイト http://www.irihirose.jp/

インターンシップ情報

実施場所 魚沼市(旧入広瀬村)
実施場所への交通手段
最寄駅・バス停、アクセス方法
実施内容 農産物栽培管理、接客応対、加工品製造、除雪
1回あたりの受入人数 1~2人
受入対象学生 大学生、短大生、専門学校生、高等専門学校生、大学院生
実施時期
(2020年6月~2021年3月)
6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月、1月、2月、3月、その他(通年可)
実施期間 5日(1週間)
外国人留学生対応 対応あり
バリアフリー対応 対応あり(季節等により相談)
交通費・宿泊費の補助 宿泊費:実習期間中は宿泊を原則とし、食事を用意します。
その他企業からのサポート なし
市町村からの補助 【交通費】
インターンシップへの参加者が負担する交通費を補助。(公共交通機関を利用した場合に限る。)
補助率1/2 上限20,000円(1年度2回まで申請可能)補助対象経費の総額が5千円以上のものに限る
https://www.city.uonuma.niigata.jp/docs/2018050800028/

【宿泊費】
市内企業へのインターンシップ参加者が負担する宿泊費を補助。
補助率1/2、上限20,000円(1年度2回まで申請可能)補助対象経費の総額が5千円以上のものに限る
URL:https://www.city.uonuma.niigata.jp/docs/2018050800028/

※上限額は交通費と宿泊費を合わせた額

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
トップへ戻る