佐渡精密株式会社|佐渡市|企業紹介

佐渡精密株式会社

佐渡精密株式会社

藤井 達也 さまにお話を伺いました。

1_藤井様

インターンシップではどんな体験ができますか?

①検査・品質管理
基本的な図面の読み方、寸法の捉え方、測定の仕方、測定機器の使い方を学び、実践する。
②仕上げ加工
バリ取り」など仕上げ加工の工程を体験する。
③刃物製作
切削加工に使用する刃物製作の現場を見学し、その一部工程を体験する。
④プログラミング
マシニング用CAMプログラム、またはNC旋盤用プログラムを作成し、加工シミュレーションを実行する。
場合によっては、実際加工することもあり。

上記①~④のうち3つを体験していただいた後、最終日に研修を通して学んだこと、感じたこと、当社への提案などをプレゼン資料にまとめて発表していただきます。

 

御社の事業内容や注力している点を教えてください

小さくてもキラリと輝く企業を目指し、私たちは『ものづくり』を通じて社会の発展に貢献する、という経営理念のもと、佐渡で金属精密部品を製造しております。主にNC旋盤やマシニングセンターと呼ばれる金属を切削加工する機械を用いて、高精度・高品質・高性能が求められるような付加価値の高い部品製造に力を入れていきます。国内に600社を超える顧客を持ち、月あたり150~200社、1800~2200点の取引実績を維持しており、信頼できる安心・安全のものづくりを実現しています。

工場の一部

工場の一部

どんな学生に参加してほしいですか?

・「ものづくり」に興味がある方
・当社への就職を検討いただける方

職員の方から見て、職場はどんな社風・雰囲気ですか?

従業員 100名のうち男性 75名、女性 25名(女性パート 6名)が従事しており、年齢層は広く、平均年齢は 41.7歳となっています。さまざまな社員親睦会行事もあり、和気あいあいとした雰囲気です。サポート制度も充実しており、技能士資格などの資格取得時に一時報奨金の支給もあります。その他の研修会、セミナーの受講についても積極的にサポートします。「全員参加型の経営」を目指し、年度の売上目標、利益目標やその予測値、実績値を社員全員で共有し透明性のある利益配分(賞与配分)としているため、業務へのモチベーションが高いレベルで維持されています。

 

このページをご覧になっている学生さんへ向けたメッセージ

 

インタビュアーの感想

佐渡という離島のハンデがありながら、最先端の機械を取り入れ、社会のニーズに応じていくという佐渡精密株式会社様の姿勢がとても印象的でした。インターンシップに参加する学生も、単なる技術・知識だけでなく、時代や情勢に合わせたものづくりというものを学ぶことができるのではないでしょうか。

インターンシップ概要

企業名 佐渡精密株式会社
所在地 〒952-1435
新潟県佐渡市沢根23番地1
最寄駅・交通手段 自家用車、バス(新潟交通佐渡本線沢根学校前)
業種
  • 製造業
  • 卸売業、小売業
事業内容詳細
  • 金属部品の機械加工、組立
  • 富士ゼロックス商品の販売、保守
  • フジノン内視鏡の販売
実習場所 沢根23-1
実習内容
  • 会社説明、工場見学
  • 検査作業体験
  • 加工機プログラミング体験
  • 刃物制作体験
受け入れ可能人数 2人
受け入れ対象学生 大学生、短大生、専門学校生
実習時期 通年
実習期間 1週間(実習5日)
外国人留学生対応
バリアフリー対応
交通費・宿泊費の補助
その他企業からのサポート
市町村からの補助
ウェブサイト http://www.sadoseimitsu.co.jp/