株式会社新潟日報社|新潟市

インターンシップではどんな体験ができますか?

 新潟日報がどのように作られているのか、新聞社はどのような仕事をしているのかといった基本から、新聞社の雰囲気や社員の様子についても知ることができるようなプログラムを検討しています。
 新潟日報は多くの人の手で作られています。取材をする人、写真を撮る人、紙面をレイアウトする人、印刷する人、届ける人。ほかにイベントを手掛ける人、広告を提案する人、読者のサポートをする人、新聞の普及や理解に向けてPRをする人。
 紙のほか、デジタルも駆使しています。新聞社は職種のデパートと言われるほど、たくさんの部署があり多岐にわたる業務を担っています。「情報」が「カタチ」となって発信されていく過程をぜひ体験してください。

御社の事業内容や注力している点を教えてください

 新潟日報の製作および発行を主な業務とし、地域に根差した言論・報道機関としての責任を果たしています。社の原点であるジャーナリズムという土台を支えるため、経営安定に努めています。
 「紙」と「デジタル」を両輪に、情報発信力とブランド価値を高め、「総合情報企業」を目指しています。新聞社の総力を結集して地域をとことん深掘りする「未来のチカラ」プロジェクト、読者との双方向性を生かした調査報道企画「もっとあなたに特別報道班」などが話題です。オンラインの催しやカルチャースクール事業にも注力し、地域文化の醸成も強く意識しています。
 県民読者に役立つ情報をお届けするため、新聞社ならではの時代に合わせた挑戦を続けています。

どんな学生に参加してほしいですか?

 新潟日報社が扱うのは「情報」ですが、お届けするのは「人」です。多くの人が手に取る新聞だからこそ、さまざまな視点を持つことが大切です。
 それぞれの個性が生かされるのが新聞社なので、インターンシップではいろいろなタイプの学生に参加してほしいと思っています。
 自分が何に向いているのか分からないという人も、職種が豊富な新聞社の業務に触れていただければ、何かヒントが見つかるかもしれません。

職員の方から見て、職場はどんな社風・雰囲気ですか?

「自由」な社風を大切にしています。社歴にかかわらず、言いたいことが言え、やりたいことをやらせてくれる環境があります。
 ときにはつらい仕事もありますが、新聞社に必要なのはチームワーク。上司、先輩、同僚など周囲が支えてくれます。「やりがい」や「おもしろみ」を実感しながら、日々成長できる職場です。

インターンシップの様子

企業情報

企業名 株式会社新潟日報社
所在地 〒950-8535
新潟県新潟市中央区万代3-1-1
業種 情報通信業  
事業概要 日刊新聞の製作および発行、新潟日報モアの運営など
従業員数 511名(2020年4月)
就業環境の取り組み ハッピー・パートナー企業,イクメン応援プラス認定
ウェブサイト http://www.niigata-nippo.co.jp/

インターンシップ情報

実施場所 新潟市中央区万代
3丁目1番1号
実施場所への交通手段

電車、バス

最寄駅・バス停、アクセス方法 電車:JR新潟駅から徒歩約10分。
バス:新潟交通バス停「万代シティ」下車徒歩約1分。
実施内容

◆1日または2日間など実施期間の選択制を検討中
 1日目は「基礎編」、2日目は「応用編」などで
 す。参加は2日間でも1日のみでもOKです。

【1日目/基礎編】模擬記者会見や先輩社員へのインタビューを通じて新聞社業務について理解を深めます。グループワークや「職場紹介動画」の視聴も企画中です。

【2日目/応用編】初日の体験を踏まえ「編集コース」「営業コース」に分かれて業務を深掘りします。「編集」は原稿執筆、「営業」は広告プランニング体験を検討中です。業務体験を通じて、新聞社ならではの面白さを、やりがいを感じてください。

1回あたりの受入人数 100名程度(予定)
受入対象学生

大学生、高等専門学校生、大学院生

受入制限・条件 ※2023年に大学・大学院卒業予定の学生
実施時期 (2021年6月~2022年3月)

8月、9月、11月、12月

※8月、9月のインターンシップ日程が決まりました!
月は18日~19日の2日間、9月は1日~2日、16日~17日の各2日間の計3回です。

実施期間 1日(仕事体験)、2日、5日(1週間)
外国人留学生対応 対応あり
バリアフリー対応 対応あり
交通費・宿泊費の補助 なし
その他企業からのサポート なし

関連サイト

  • 新潟暮らし・しごと支援センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
トップへ戻る