伊藤建設株式会社 飲食事業部|佐渡市|企業紹介

伊藤建設株式会社 飲食事業部

伊藤建設株式会社 広瀬様 にお話を伺いました。

伊藤建設株式会社 廣瀬様

 

インターンシップではどんな体験ができますか?

私も(広瀬様)、東京からUターンで佐渡に戻ってきました。ネットベンチャー企業で培ったノウハウを基にした、飲食業の経営の仕方を学ぶことができます。飲食業は、日々の変化をいかに見極め、データに起こして分析していくことが重要になります。変化に対する「気づき」と、改善への「仮説」を立てること、そしてそれらを踏まえて「行動」することを繰り返すサイクル等の、経営の実践的なノウハウを直接学んでいただきます。

 

御社の事業内容や注力している点を教えてください

土木・建築がメイン事業ですが、今回のインターンシップ受入事業は飲食事業です。飲食事業は15年前に開始し、現在では県内(佐渡市・新潟市・上越市)8店舗の「ほっともっと」や「つぼ八」をフランチャイズとして経営しており、今後も県内を中心に店舗拡大を計画しています。店舗拡大により組織も増大したことで、新たな事業への取り組みを目指しています。佐渡の食材を使った商品開発や、佐渡の食材を売りにした新たなお店の計画があります。以前までの経営方法に変化をもたらし、地域との交流や問題解決に関して、当たり前のことを当たり前にできる仕組みへと変革しました。

 

どんな学生に参加してほしいですか?

できれば佐渡出身の方に参加していただきたいです。
専門技術は不要ですし、サポート体制も整っています。何かやりたい事業があればチャレンジすることもできます。

 

職員の方から見て、職場はどんな社風・雰囲気ですか?

仕事への取組み姿勢に合わせて、きちんと評価してもらえる職場で、仕事に対して前向きな人が活躍できる場です。
若い社員も多く、活気があるだけでなく、実績やノウハウのある社員から学べる機会も多くあるので、やりたいことに対するサポート体制も整っています。

 

このページをご覧になっている学生さんへ向けたメッセージ

 

ひとこと

「佐渡島内で長く暮らしていると、どうしても変化を拒んだり問題に気づかなかったりする。」というお話が取材中にありました。私も佐渡で生まれ、佐渡で育った人間として、周りをみるとそうかもしれないなと思うことがあります。
伊藤建設様のインターンシップに参加すれば、客観的な視点で経営の問題点に気づき、解決へ向けて行動していくことで、経営のノウハウも学べる上に、大きな達成感が得られるのではないでしょうか。

 

インターンシップ概要

企業名 伊藤建設株式会社 飲食事業部
所在地 〒952-1306
新潟県佐渡市長木675番地
最寄駅・交通手段
業種 飲食業
事業内容詳細 フランチャイズにて居酒屋、お弁当屋を経営
実習場所 本社・各店舗
実習内容
受け入れ可能人数 1人
受け入れ対象学生 大学生、短大生、専門学校生
実習時期 通年
実習期間 1日、2~3日、1週間(実習5日)、2週間(実習10日)
外国人留学生対応
バリアフリー対応
交通費・宿泊費の補助 交通費:復路のみ支給
その他企業からのサポート
市町村からの補助 交通費:往路分の旅費を補助します。
宿泊費:1泊1万円を上限として補助します。
ウェブサイト http://www.ito-kensetu.co.jp/

 

インタビュアーの感想

「佐渡島内で長く暮らしていると、どうしても変化を拒んだり問題に気づかなかったりする。」というお話が取材中にありました。私も佐渡で生まれ、佐渡で育った人間として、周りをみるとそうかもしれないなと思うことがあります。伊藤建設様のインターンシップに参加すれば、客観的な視点で経営の問題点に気づき、解決へ向けて行動していくことで、経営のノウハウも学べる上に、大きな達成感が得られるのではないでしょうか。