社会福祉法人いじみの福祉会|2016年度|体験レポート

Sさんのインターンシップ体験レポート

社会福祉法人いじみの福祉会にてインターンシップを体験したSさんにお話しを伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

みんなで幸せを感じる場、第2の居場所または、家庭の継続だと思えます。
お客様(お子様)が過ごしやすいように目配り気配り配慮がされ、常に新しい事にチャレンジする環境(清潔さ・スタッフ間の関係性)が作られていました。

 

どんな事を体験しましたか?

介護施設(ディサービス・特別養護老人ホーム)でのご利用者様へのサービス補助、及び、保育施設にて園児の保育補助の体験をしました。

外での雪遊び

外での雪遊び

 

何を学びましたか?

グループホームでのボランティアの経験があったのですが、介護施設であっても、ディサービスとグループホーム・特別養護老人ホームと、形態によって、接し方の違い、ホスピタリティの形が違うことを知りました。
グループホームは生活の場でもあるので、アットホームな家族に接するような応対が求められますが、ディサービスは、お客様をお迎えするという、アットホームでもありながら、サービスという視点が求められることを体感しました。

また、保育施設においては、園児との触れ合いを通して、高齢者介護との違いを体験しました。

高齢者介護が「静」の見守りであるならば、園児への保育は「動」の見守りであると感じました。園児は先生のやることをまねていきます。それを通して遊びを覚え、発展させていくのだと思いました。

石に足を取られた子どもに手を差し伸べる

石に足を取られた子どもに手を差し伸べる

 

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

高齢者介護、保育補助を通して感じたことは、「相手の立場に立つ」ということの奥深さです。
相手の立場に立つということは、その方の視線(見えて居る世界)を理解することからだということを教えていただきました。園児や車いすの方と話すときは腰を屈める、右半身が不自由な方の時は、右目をふさいで見てみるなどから、理解をする必要があると感じましたので、これからの学校生活、就職してからも、その視点を忘れずにいたいと思います。

散歩の同行

散歩の同行

 

その他

3日間を通じて、自分の知識と経験不足を実感しました、ユーモアと観察力を磨きたいと思いました。

 

インタビュワーからひとこと

Sさんのインタビューに伺ったのは、2日目の保育体験の日でした。
園児の皆さんとお会いしてからわずか一時間足らずでしたが、「お兄ちゃん」と呼ばれて、すっかり人気者でした。
同法人内で、老人介護施設と保育施設が併設されている環境で、介護のご利用者様にも園児の皆さんにも、良い環境の中で過ごすことのできる施設だと感じました。
保育施設も、高齢者介護も両方参加したいという方は、是非、いじみの福祉会様のインターンシップにご参加下さい!