株式会社ウィザップ

株式会社ウィザップにてインターンシップを体験した皆さんに感想をお聞きしました。

  • 【業務体験型インターンシップ】・・・UさんSさんYさん
  • 【全部署よくばりセット】・・・Nさん

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

Uさん アットホームな雰囲気でもあり、仕事をしているときはそれとは反対に静かに仕事に打ち込んでいるという、メリハリのある企業でした。

Sさん アットホームな雰囲気作りを心がけ、常に居心地のよい空間を維持していると感じました。

Yさん 印刷物やホームページ、WEBサイト、ノベルティグッズなどを制作・企画されている会社です。部門が営業、制作、製版、印刷、製本の計5部署に分かれており、お客様のニーズに合わせた商品を制作されています。

Nさん クライアントの抱える課題を印刷物を含む様々なメディアを活用して解決する企業です。

どんな事を体験しましたか?

Uさん 総務部の業務体験をさせていただきました。

Sさん 書類の作成、郵送を体験しました。

Yさん 私は3日間のインターンシップに参加させていただきました。
【1日目】製造部の製版課と製本課の仕事を体験しました。
製版課は、データや画像を印刷用に加工する部署です。面付けと出力、画像補正について教えていただきました。面付けでは、仕様書というものを見ながら用紙のサイズや使用する機械などを入力し、出力では、アルミの板である刷版の確認作業をしました。
製本課では、1時間で約6000枚もの紙を折る機械が動く様子を見学しました。また、実際に本が完成するまでの工程を間近で見ることができました。

【2日目】製作部にてIllustratorという編集ソフトを使用して名刺作成をしました。使い方や専門用語を丁寧に説明していただきました。

【3日目】営業部の業務内容について学びました。お客様からの注文内容が記載された仕様書を元に、用紙の種類や紙の厚さを見比べながら冊子の仕様書・台割を作成しました。サイトマップやマインドマップの作成も体験させていただきました。

Nさん 営業部、制作部、製版課、印刷課、製本課の5つの部署の仕事を順に体験しました。

何を学びましたか?

Uさん 総務部の方から、総務部にはどのような人材が求められるのかということや、業務体験からは正確さや効率が大切であるということを学びました。

Sさん 総務部の仕事内容、事務の基本的な作業について学びました。

Yさん 常にお客様の立場に立って考えることがより良い商品を作ることに繋がっていくと思いました。特に、商品を制作する上で齟齬はあってならないので、共通認識を持ちながら作業を進めていくことの大切さを学びました。

Nさん 1つの案件がどのように進んでいくか、全体の流れを学びました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

Uさん 今回体験して自分に足りないと感じたことを今から意識していき、それらを改善して今後自己アピールとしていけるようにしたいです。

Sさん 自分の就きたい職種は何かを考え、また違った職種に就いたとしても知識として取り入れていきたいです。

Yさん 相手の立場に立って考え、自分から情報収集をし、受け身にならぬよう積極的に行動していきたいと思います。

Nさん 今後、ますますデジタル化が進んでいく中で、印刷業界がどのように変わっていくべきかを考えていきたいです。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

Uさん インターンシップに参加させていただいたことで、より貴社で働きたいという意欲が高まったため、今後さらに企業研究を行っていこうと考えています。

Sさん 事務の仕事に対するイメージがより具体的なものになりました。

Yさん 参加前と比べて、自分が興味のある業界について詳しく知ることができました。自分の目で実際に見てみることで新たな発見ができ、就職活動のイメージが少しずつ定まってきました。また、社員の方々とも就職についてのお話ができ、とても有意義な時間となりました。

Nさん 全てのインターンシップに当てはまることであると思いますが、どのような人が働いているのかを知れることが、参加前と参加後の大きな変化であると思います。

企業の詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
トップへ戻る