第一建設工業株式会社

第一建設工業株式会社にてインターンシップを体験した皆さんに感想を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

Nさん:鉄道事業に重きを置くゼネコン会社。
線路部門、土木部門、建築部門に分かれており、それぞれ管理する現場が違う。

Kさん:人当たりの良い優しい方や、面白い方の多いとてもアットホームな職場で、どの現場でも、やりがいがありイキイキと働いている方ばかりでした。

どんな事を体験しましたか?

Nさん: ・線路部門:見張員シミュレーション、モーターカー体験、レール検測、縦断測量
    ・土木部門:新幹線高架耐震補強、導水管改良、戸石地区河道掘削外工事

Kさん: ・現場監督の業務に関する学習
    ・鉄道工事における列車見張員の業務シミュレータ

何を学びましたか?

Nさん:現場で安全確保に万全を尽くす様々な取り組み。作業方法など。

Kさん:新しい技術を取り入れ、安全性や生産性の向上に取り組み、作業の負担の軽減や残業時間の短縮に力を入れていることがわかりました。
また自分達だけでなく駅の利用者の方の安全にも気をつけて仕事をしている事が分かりました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

Nさん:実際に仕事する立場となる時に、スムーズに社会人に移行できるように準備していく。

Kさん:業務内容を具体的に知ることが出来たので、自分の就きたい職を選ぶ際の判断材料の1つとしたいと思います。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

Nさん:従業員が皆いきいきしていた。仕事する時としない時のメリハリがついていたので社内の雰囲気がかなり明るく、仕事時のモチベーションが上がっていると感じた。そのため、あまり緊張することなく実習に臨めました。

Kさん:どこの会社でもさほど変わらないと思っていましたが、今回の実習に参加してみて、他の会社と比べ雰囲気が良いことがわかり、インターシップで様々な企業に伺うことが就職活動をする上で大切だと思いました。

企業の詳細情報

  • 第一建設工業株式会社

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
トップへ戻る