株式会社小野組

株式会社小野組にてインターンシップを体験した皆さんに感想を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

Nさん:本業の建設はもちろん(最先端技術が進んでいる)、他にも地域貢献の幅が広い会社。
また、社員や職場の雰囲気が明るいところが魅力的。

Kさん地域に根付きながら、土木・建築・住宅、他にも様々な角度から地域貢献をしていて、いろんなことをやっている会社。また、社員の方同士の雰囲気が良い会社。

どんな事を体験しましたか?

Nさん:   ・カードを使った簡単な自己分析
     ・工事回覧板の作成体験
     ・ICTについてPC操作、図面の見方
     ・ドローンを操作し空撮
     ・現場の砂を集め密度試験の体験
     ・タブレットを使用した測量体験

Kさん:  ・実際に現場に行けてリアルな場面を見れた
     ・ICT関連で、建物の構造などをPC上で3Dで見れた
     ・社員との座談会で、会社の本来の姿など現場のリアルな状況を知る事ができた 

何を学びましたか?

Nさん:大学で勉強していることとは違って、実際の現場ではほぼデータ化だったこと。
また、ドローンで空撮した写真をつなげて図面をつくる工程は驚いた。いろんな体験を通して、今までの建設業のイメージがこの2日間で覆った。

Kさん建設業は、力仕事で体を使う仕事というイメージが大きかったが、ICTという時代の変化についていく柔軟性がある企業だと学んだ。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

Nさん:社会人としての人との接し方や、職場内でのコミュニケーションのとり方を生かしていきたい。

Kさん仕事内容ももちろん大切だが、この企業でインターンシップをしたことで人間関係や社員同士のコミュニケーションのとりやすさが、企業選びの際に新たな要素として加わった。社内の雰囲気や現場の雰囲気が、長く働くにあたって重要であると気付いたので、それをこれからの就職活動で生かしていきたい。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

Nさん:初めてのインターンシップなこともあり、参加前は気構えていたが、社員の方が皆さん気さくで、わからないことは丁寧に教えてくださり、不安な気持ちなく普段とあまり変わらない落ち着いた気持ちで参加できたので、企業に対するイメージが少し変わった。業務面も、自分の想像を超える技術ばかりで、現代の建設業に対する考えが変わった。また、今まで就職についてはあまり考えていなかったが、今回インターンシップに参加して考えるきっかけとなり、企業選びをしてみる価値があると思った。今後は他の企業研究にも力を入れていきたい。

Kさん建設業に対するイメージが変わったことと、これから企業研究をしていく中で企業を見るポイントなどを見つけられてためになった。

企業の詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
トップへ戻る