株式会社タカヨシ|2016年度|体験レポート

Fさんのインターンシップ体験レポート

株式会社タカヨシにてインターンシップを体験したFさんにお話を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

「モノ売りではなくコトを売る」という言葉の通り、印刷物そのものだけを提供するのではなく、印刷という業務を通して、お客様の目的を真に実現できるような企画を提案し、それを形にしていく会社です。

takayoshi02

どんな事を体験しましたか?

まずは、印刷物ができあがるまでの工程を部署ごとに見学しました。
ディレクター体験では、ある金融機関の季刊誌の年間テーマと掲載内容の企画を体験しました。
お客様の企業パンフレットを作る体験では、その前の段階として同じ業種ではどのようなものを作成しているのか、既存のものを検索し、調査を行いました。既存のパンフレットのどこを良いと感じたか、どんな印象を受けたかを列挙し、デザインやレイアウトが与える印象について考えました。
また、デザインに関してお話を伺い、文字校正の体験もさせていただきました。
その後製造現場研修では、印刷する工程や印刷機器についての解説を受け、インキを練る作業を体験しました。また、各部署にてミーティングにも参加させていただきました。

takayoshi03

何を学びましたか?

タカヨシ様のHPの情報だけでは深く知ることのできない、実際の、また具体的な業務内容を知ることができました。これは一番の収穫でした。ひとつの企画を作り上げるためには、多くの調査が必要であるため、日々さまざまな知識や情報を得ることが必要だとわかりました。
また、挨拶やお辞儀の仕方、目をみて話をすることの大切さを再確認しました。話す内容についても、考えをまとめ、相手にわかりやすいように伝える必要があることを改めて実感できました。
これらのことは自分にとって、まだまだ改善の余地があると実感しています。

takayoshi01

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

相手の方と対話するときの姿勢や自らの仕事、課題との向き合い方は、今後様々なところで振り返って活かすことができると思います。

 

その他

インタビュアー:ご自身が抱いていたイメージと違うところはありましたか?

Fさん:違いました。特にディレクターという職についてはかなり違っていました。

インタビュアー:私はテレビのディレクターを想像しましたが・・・

Fさん:私もそうでした。ですが私が体験した仕事では、ディレクターが紙面の内容を考えて、調べて、アポイントメントをとって、レイアウトを考えてと、一冊を自分で担当する感じでした。

インタビュアー:デザイナー的な要素もありましたか?

Fさん:ありました。

インタビュアー:職種の名前のイメージで就職していたら・・・

Fさん:知らずに就職をしていたらギャップを感じていたと思います。

インタビュアー:インターンシップを体験すると、抱いていたものと違うけれど良かった、おもしろかったということが分かりますよね。体験をして良かったと思うことはありましたか?

Fさん:イメージとの違いを知ることもできましたし、二日間社会人の方々と過ごしたことで学生との違いが明確になりました。
コミュニケーションをとるにあたっても、学生同士ではあまり深いことは考えず思いつくままに会話をしていると思いますが、職場ではもちろん言葉遣いを正す必要がありますし、自分の考えを理解してもらうためには筋道立てて話す必要があります。どの方のお話を聞いていても大変分かりやすいと感じたのは、この違いからくるものなのかなと思いました。いろいろな世代の方々と交流することができて良かったです。

インターンシップご担当者T様(以下T様):体験中は、部署の担当者に1対1でついてもらいました。実践型の体験ですね。
Fさんはよく質問をしてくれるので、これはよい心掛けだと思います。

Fさん:なかなか聞けるチャンスはないので、ここで聞いておかなくては!と思いました。

インタビュアー:これからインターンシップを受けようと思う学生へアドバイスをお願いします。

Fさん:大学などのマナー講座を学んでいても実践する機会は少ないです。インターンシップを体験することで実践できますし、間違いに気づくこともあります。社会に出る前に経験しておくのは良いことだと思います。それと挨拶と、目を見て話をすること、聞きたいことはすぐに聞くことは大事です。

T様:インターンシップは、学生に仕事を知ってもらい、「働く」ということを考えてもらう機会だと思っています。その中のひとつとして、マナーについても気付くことがあるかもしれませんね。インターン生に即戦力になってもらおうとは思っておりませんので、尻込みをせずに「学びの場」だと捉えてください。

インタビュアー:短い期間でもいろいろと教えてあげたいというのが伝わりました。ありがとうございました。