ヨコセAVシステム株式会社|2016年度|体験レポート

Mさん、Hさんのインターンシップ体験レポート

ヨコセAVシステム株式会社にてインターンシップを体験したMさんHさんにお話を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

Mさん:ヨコセAVシステム株式会社様は、音響設備を中心に、電気通信設備を総合的に行う企業です。

Hさん:一言で言うと「忍者企業」です。普段私達が、劇場やホールなどで耳にする音楽、それを再生する機器を最適な位置に設置する。そんな人知れず影で活躍するそれがこの企業の特徴です。

 

どんな事を体験しましたか?

午前には、建設業界の概要の説明とヨコセAVシステム株式会社様の事業内容を、
午後には、音響設備を点検整備している現場を見学させていだだきました。

yokose02

 

何を学びましたか?

Mさん:建設業界の現状から、お話をして頂き、最終的には人が重要な財産になるため、人間同士のコミュニケーションが大切であることを学びました。

Hさん:建築業界は「人」が中心であること、また、一つの建物を建てるときに同業他社と協力することが多いため、他の業界より会社と会社の距離が近いように感じられました。

 

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

Mさん:初めに企業名を見た際に、音響設備に関する事業しか行っていない会社だと思っていたのですが、お話を聴かせて頂くと、実際はそれだけではありませんでした。事業内容は多岐にわたるのだということを知り、インターネットだけではなく、直接企業の話を伺うことの大切さを感じました。これからも幅広い情報収集をしていきたいと思います。

Hさん:実際の業務を見学させていただいた時に、社員の方が誇りを持って仕事をしているように見えました。私自身も、誇りを持って仕事をできるよう、自分がどの業界で活躍できるのか、業界研究を掘り下げていきたいと思います。

 

その他

Mさん:初めてのインターンシップということで、不安に思うことも多々ありましたが、受入企業の方々が大変親切にしてくださったおかげで有意義な体験ができました。有難うございました。

Hさん:インターンシップでは、ヨコセAVシステム株式会社様のこと以外にも、建設業界のことや「就活」にどう向き合ってくかということを学ぶことができました。就活のギアが1段階上がった良いインターンシップだったと思います。

 

インタビュアーからひとこと

「良い仕事を残すことが、一番の宣伝活動」とおっしゃった横瀬専務様のお言葉がそのままの、現場仕事を見させて頂くことができました。
大きく社名は前に出てはこないけれど、常に安定した音響設備の中でイベントが行われるための活動を支える仕事に、真摯に向かう姿勢に感動しました。
「出来ていて当たり前」「何もなくて当たり前」が求められる、一見厳しい世界に身を置く仕事ぶりを、是非皆さんにも体験して頂きたいと思いました!