アスルクラロ新潟|2016年度|体験レポート

GさんとSさんのインターンシップ体験レポート

20161220-01

アスルクラロ新潟にてインターンシップを体験したGさんとSさんにお話を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

子ども達にサッカーをはじめとしたスポーツの楽しさを伝えています。
同時に、団体行動の基本・挨拶・整理整頓といった日常で大切な習慣を子ども達に指導しています。幼稚園でのレッスン時は、練習着に着替えるときに服をたたんで仕舞うことも教えるなどサッカー以外の部分も指導に含まれています。

 

どんな事を体験しましたか?

今回は幼稚園でのサッカー指導に参加しました。以前、小学生向けのスポーツ指導を別のインターンシップで体験していましたので、年齢によって受講者のできることが異なるのだと今回のインターンシップを通じて実感しました。

20161220-03

 

何を学びましたか?

  • 指導する側も、受講者の年齢や体格に合わせて対応を変えるのですが、言葉遣い・目線の向け方などをどのようにすればよいか学びました。
  • 受講者の保護者から声をかけて頂く時もあり、コミュニケーションスキルの必要性を感じました。また、指導者として、見本となる立場にあることを意識するようになりました。どのような行動をしたらよいか、どのような言葉遣いをしたらよいかを考えながら参加しました。
  • 指導案を作っても、受講者がその通りに活動してくれるとは限らない・年齢が低いと指導通りにできないこともあることを知りました。
20161220-04

 

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

スポーツ指導の仕事に就きたいと考えているので、インターンシップを活用して様々な年齢層への指導場面を体験し、自分流の教え方を確立したいと考えています。

 

その他

最初は子供たちとの接し方に戸惑っていたかもしれませんが、バスケットのハンドリングを披露すると子供たちから尊敬のまなざし。古俣さんが一気に子供たちとも距離を縮めてくれていました。G君もS君も子供たちにも人気で、ミニゲーム前には円陣を組んだり、シュートが決まればハイタッチやガッツポーズ、みんないきいきとしていました。ですが、楽しい事ばかりではなく、子供たちに注意すべきことはちゃんと注意をしていましたね。子供たちが相手だと、思い通りにならないことが多々あるかと思います。いろいろな事をたくさん経験して、自分流の教え方を見つけて下さいね。