大陽開発株式会社|上越市|企業紹介

大陽開発株式会社

営業課長の滝沢彰宏様にお話を伺いました。

SONY DSC

営業課長の滝沢様

 

インターンシップではどんな体験ができますか?

工事現場を見学していただくとともに、図面や空撮情報(ドローン)によるシミュレーションなど、土木工事全体のスケールの大きさを体験できます。指導スタッフ同伴のもと、重機に触れてみて頂く機会なども設けられたらと考えています。冬期間であれば、除雪作業車へ同乗していただくことも可能です。

また、総務・営業業務を体験していただき、工事受注~完了の流れを体験していただけます。基本的には学生さんの要望に応じたいと思っていますので、まずはご相談ください。

  • 現場の様子

 

御社の事業内容や注力している点を教えてください

昭和43年創業。山間地の地すべり防止工事・道路の舗装工事など、公共土木工事が中心の会社です。

土木施工管理や建築施工管理などの資格取得・スキルアップを全面的に支援する体制があります。

上越地域を中心に営業しており、転勤等の心配の無い会社です。

 

どんな学生に参加してほしいですか?

少しでも土木に興味のある方。都会ではなく、地方で胸を張って頑張りたい方。屋外での業務もやぶさかではない方にぜひ体験して頂きたいと思っております。この仕事の重要性を肌で感じて頂けたらと考えております。

 

職員の方から見て、職場はどんな社風・雰囲気ですか?

真面目なスタッフが多い職場だと思います。また、「この業界においては」若手が多く(30代以下のスタッフが半数を占めています)活気があります。現場の声を積極的に聞きたい!という雰囲気があり、コミュニケーションの機会も度々設けられています。

近年当社では、地域住民の皆様に楽しんでいただけるよう、当社敷地内に「雪像作り」をしています。また、上越市安塚地区で開催されている「安塚キャンドルロード」のお手伝いを継続してさせて頂いております。近隣の方のみならず、遠方からも雪像を見に訪れます。

当社の仕事は地域住民の皆様の協力無しで進めることは出来ません。ですから、少しでも住民の皆様に喜んでいただけるよう積極的に関わりを持っています。

インフラ整備や災害復旧などを通じ、地域の役に立つ喜びを感じながら日々仕事をしております。

 

このページをご覧になっている学生さんへ向けたメッセージ

 

インターンシップ概要

企業名 大陽開発株式会社
所在地 〒942-0315
新潟県上越市浦川原区横川406
最寄駅・交通手段 ほくほく線浦川原駅から徒歩5分・車通勤可
業種 建設業
事業内容詳細 •土木工事
•道路舗装工事
•上下水道工事
•維持メンテナンス工事
•除雪作業
•特殊技術
•ポータブルワイヤレスライブカメラシステム(OPECA)
実習場所 大陽開発 本社
実習内容 土木工事の管理実習
受け入れ可能人数 若干名(個人グループでの参加も可)
受け入れ対象学生 大学生、短大生、専門学校生
実習時期 通年
実習期間 2日~3日
外国人留学生対応  不可
バリアフリー対応  不可
交通費・宿泊費の補助 •交通費
県外者:インターシップ補助制度を利用いただけます。
県内者:弊社交通費補助(公共交通機関)
•宿泊費
1泊2日の実習となります。学生の宿泊費負担をさせていただきます。
その他企業からのサポート
市町村からの補助
ウェブサイト http://www.taiyou-kaihatsu.co.jp

 

インタビュアーの感想

雪像作りなどの取り組みで積極的に地域との関わりを持つ大陽開発様。上越教育大学の学生や上越市大島区とコラボレーションし、真っ白な雪面に籾殻の炭でアートを描く取り組みを実施するなど、公共工事のみならず様々な興味深い活動をされています。「我々が普段気づけない所もぜひ学生さんの意見を参考にしたい!」と担当の滝沢さんが仰っていました。スケールの大きなインフラ工事に加え、地域に喜ばれる楽しさ・充実さなどの貴重な体験ができるインターンシップになるのではないかと感じました。