株式会社新潟三越伊勢丹|インターンシップの感想

株式会社新潟三越伊勢丹インターンシップの感想

株式会社新潟三越伊勢丹にてインターンシップを体験した皆さんに感想を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

Iさん
新潟県内で百貨店を営んでいる唯一の企業です。

Kさん
新潟三越伊勢丹はお客様を第一に考え、気持ちよくお買い物ができるための気配りや、意識改革として売り場をお買い場、販売員をスタイリストと呼ぶことにより、意識を高めている。越品という取り組みでは新潟の誇れる産業などとコラボし、商品を作り販売をし、新潟の良さを新潟県人には改めて知ってもらい、県外の人には知ってもらう取り組みをしている。以上のことから新潟三越伊勢丹は地域に密着し、お客様を第一に考える企業です。

Sさん
新潟県内で唯一の地域密着型の百貨店で、各階ごとに違うお店であるように感じられるくらい幅広い種類の商品を取り扱っているお店です。

Mさん
新潟三越伊勢丹様は、地域一体型、お客様に寄り添った企業であるということを体感いたしました。また、お客様が満足できる方法を考え進化し続ける企業であると思います。

どんな事を体験しましたか?

Iさん
1日目で企業概要や接客の仕方について学び、2、3日目は主に入金や、包装を行いました。4、5日目で商品をお客様に接客して買っていただく、ということ行いました。

Kさん
私は食品エリアで体験させていただき、そこでは主に包装や接客を体験しました。
グループワークではどのようにしたら越品の商品開発など、どのようにしたら売れるのかなど企画を考え発表しました。

Sさん
1日目はマナー研修、2日目からは実際に店頭に立っての接客を行いました。私は5階の家庭用品売り場に配属され、レジでの入金作業や商品の梱包作業などを体験させていただきました。

Mさん
私は2階のフロアでヤングのコーナーに所属いたしました。ヤングでは婦人服や雑貨を取り扱っており、主に販売の仕事やより質の高いものを提供するための在庫の管理を体験しました。販売は初めてでしたが、不慣れながらも実際にお客様と関われる新鮮な体験をさせていただきました。

何を学びましたか?

Iさん
お客様への接し方や、360度どこからでも見られているということを意識して動くことの難しさを学びました。
また感じの良い接し方などは、少しの言動の違いで、かなり変わることがわかりました。

Kさん
接客の言葉遣いや包装の難しさを知りました。体験の内容は単純なことでしたが、ちょっとした言葉遣いの難しさなど、奥が深いことを知りました。
グループワークでは、限られた時間内で企画を考え発表することの当たり前のことをこなす難しさを知りました。

Sさん
接客と一言でいっても簡単なことではなく、お客様に商品について説明するだけの商品の知識と、購入していただけるような話術が求められているということを学びました。

Mさん
私は、接客について学びたいという目標を持って今回参加させていただきました。店頭で実際に接客をしてみて、お客様に商品を販売することは簡単なことではないけれど商品を買ってもらう事だけが販売ではないのだと改めて実感する事が出来ました。お客様と商品について楽しくお話しすることや、お客様の商品についてのお悩みについて耳を傾けること。これも販売の一部であり、新潟三越伊勢丹ならではだと思いました。
お客様一人一人に密接に、満足を考慮した販売方法を実際に目にすることができ、とてもよい学びになりました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

Iさん
実際に自分が百貨店で働いている姿をイメージすることができました。接客業についてより理解を深めることができ、今後どのような仕事に就きたいか考える際、非常に役に立つと思いました。

Kさん
就活に向けた意識が高まり、就活に向けての準備を早めにしようと思いました。

Sさん
仕事に向かうための姿勢、これから社会人となるための心構えとして活かしたいと思います。

Mさん
まず、接客の知識を得ることが出来たので、この感覚を忘れず社会人としてのコミュニケーションや接客の際に活かしていきたいです。
次に、チームワークを通して初対面の学生さんと親睦を深めつつ課題について自分たちなりに話し合うことができました。こういった部分から組織で仕事を成す大切さを今後に活かしていけると思っています。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

Iさん
5日間でしっかりと企業や働き方について、理解を深めることができました。

Kさん
インターンシップ参加前は自分にできるか不安でしたが、インターンシップ後は皆さん優しく充実した体験ができました。
企業のことをより深く知ることができ、満足でした。

Sさん
接客業の大変さとだからこそのやりがいを知ることができました。また、百貨店に対する入りにくいというイメージがなくなりました。

Mさん
インターンシップ参加前は、新潟三越伊勢丹様は私には手の届かないイメージが強かったです。実際にインターンに参加してみると、販売は難しかったですが自分自身楽しいと感じる部分があり、やりがいを感じました。
また、参加後は自分の仕事への耐性や仕事をする上で自分の悪い部分を発見することができました。自分はまだまだ社会人になるには未熟だと感じました。今後の自分の成長のためにも今回のインターンシップは非常に有意義でした。ありがとうございました。

この企業のインターンシップ詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
トップへ戻る