ワタナベグループ|インターンシップの感想

ワタナベグループのインターンシップの感想

ワタナベグループにてインターンシップを体験したさんFさんに感想を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

Nさん

クリーニング事業を始めとして、リネンサプライやFC関連事業など、様々な分野で人々の生活に寄り添ったサービスを展開し、地域に根付いた活動を行っています。

Fさん

ワタナベグループは、渡辺ドライ、渡辺リネン、ダスキンなどの事業グループを束ねる企業です。クリーニング業を主とし、FC事業により様々な方面に進出しています。

どんな事を体験しましたか?

Nさん

社会人基礎講座でマナーを学び、工場見学、工場での生産体験をしました。生産体験では、実際のお客様の品物ではなく工場の方が用意してくださった布やYシャツを使って、しみ抜きや仕上げ作業を行いました。

Fさん

渡辺ドライの店舗において、接客を体験しました。具体的には、お客様のお出迎え、お見送りとクリーニング店の裏側業務です。

何を学びましたか?

Nさん

マナー講座では、人は第一印象でどういう人か判断することが多いため、笑顔で接することや挨拶をする時に相手に届けようと意識することが大事だと学びました。生産体験では、水洗いとドライ洗い(石油を用いるもの)で、汚れに合わせて変えないければならないことなど、クリーニングについての知識を教わりました。また、実際の仕上げ作業では上手くシワを整えられず時間がかかってしまい、1日のクリーニングを終わらせるためには一人一人が丁寧に素早く作業をしていく技術が必要だと学びました。

Fさん

クリーニング業は、品物を受け取ったときよりきれいにしてお客様にお返しするサービス業です。きれいにするために、様々な努力と気遣い、おもてなしがなされていることを学びました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

Nさん

マナー講座で学んだように、日頃意識していないとすぐにはできないことも多いので、今から挨拶などで大きい声を出せるよう意識していきたいと思います。また、実際の店舗見学をした際にお客様をお出迎えをしていたりお客様の大切な品物を預かっているため沢山の配慮していたりということが分かり、そういった思いやりの気持ちを持って何事も取り組みたいと思います。

Fさん

適応力を磨こうと思いました。体験を通じて、より良いサービスを提供するためには、変化を続けていくことが重要なのだと学びました。同じように、より良い自分でいるために、環境によって、人によって、自分自身を変えていくことが重要だと思っています。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

Nさん

クリーニング業界についてあまり知らないままインターンシップに参加しましたが、様々なニーズに合わせてお客様に安心して利用できるような工夫をしていると分かりました。例えば、クリーニングをしていたとしても変色してしまう可能性があるなど、知識としてお客様に伝えることで誤解を与えないように信頼関係を築いていることが印象的でした。また、社員の方から「他人と比べず何事も前向きに考える」という言葉を大事にしていると聞き、私自身あまり自信を持てないこともありますが、前向きに一つ一つを乗り越えて未来へ進んでいきたいと思いました。

Fさん

ワタナベグループを身近に感じるようになりました。インターンシップ中、付きっきりで指導していただいた方と、ワタナベグループのサービス、社長の考え方内部事情など、とことん聞けたからだと思います。他企業と比較するうえでも、企業を隅々まで知れたのは収穫でした。

この企業のインターンシップ詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
トップへ戻る