株式会社新越ワークス|インターンシップの感想

株式会社新越ワークスのインターンシップの感想

株式会社新越ワークスにてインターンシップを体験した皆さんに感想を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

Mさん 金物産業が有名な新潟県で様々な商品を製造、販売している会社です。また近隣の工場とも連携し、従来の金物製品だけではなくアウトドア用品やペレットストーブなど幅広く事業を展開しています。

Hさん 協力企業との関係を大事にしている企業でした。協力企業が周辺にいくつもあるので、情報の伝達が速くネットワークが非常に強固と感じました。

どんな事を体験しましたか?

Fさん 会社の成り立ちや現在の経営方針、商品についての説明を受け、工場の見学をしました。また、販売されているピザ釜で実際にピザを焼き、実食もしました。設計、運営など事務的な業務の説明もお聞きしました。

Sさん スリースノー事業部では商品説明や工場見学、エネルギー事業部ではペレットストーブとペレットについての説明・組み立て体験を行いました。ユニフレーム事業部ではキャンプ用品の説明や組み立て体験・協力工場の見学と、実際に新越ワークスさんの商品を使って課題解決型プログラムを行いました。

Hさん 各事業部の組み立てなどを体験しました。手作業でしていることが多く、ひとつひとつの製品を大事に製造していました。

何を学びましたか?

Fさん 製造業について一から教えていただきました。実際の業務にはどのような流れがあるのか細やかに教えていただき、会社のどういう点をみればいいのかなど、新しい知見と視点をいただきました。特にわたしは、燕市の協力工場についてとても興味を持っていたので、そのことについて教えて頂いて有り難かったです。

Mさん 商品の製造には、自社の力だけではなく近隣の工場との連携もとても重要であるということ、商品開発ではその製品を購入し使う立場にいるユーザーの希望やニーズがとても大事であることを学びました。

Sさん 自社の製品をよく知ること。よく観察すること。広い視野で見つめ直し必要な事を行うということなど、たくさんのことを学びました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

Fさん まずは、自分の中でどんな職につくのか決める材料にさせていただきます。次いで燕市に住んでいる身として、燕市が誇る製造業の大要が知れてよかったです。

Mさん 今回、製造業に携わる方々からのリアルな意見を沢山聞かせていただきました。どの方も実際に行動した経験の方が学ぶことが多いと仰っていました。私も今まで自分に向いていないと思っていたことでも、まずは実行してみるようにしてみたいです。

Hさん 企業と企業の関係や、人と人との関係は、何かをつくるうえでも重要なことがわかりました。また、会話をして確認することは非常に大事なことだとわかりました。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

Fさん 金属工業の会社ときくと、古めかしいイメージがあったのですが、新越ワークスさんは事業も会社自体も新しいという印象を受けました。私は、以前よりある地道にコツコツ積み上げていくような古い雰囲気も嫌いじゃないのですが、予想と違う一新された雰囲気はとてもギャップがあり、魅力的でした。IOT推進事業についても、工業団地全体が時代と共に変わってきているんだなという印象を持たせてくれました。

Mさん 製造業というと工場でひたすら物を組み立てるだけの仕事、というイメージが強かったのですが、今回のインターンシップで商品の製造だけでなく開発や営業、設計など様々な仕事があり、それに関わる社員ひとりひとりが工夫や努力をしていると知りました。加えて、私たちが市場で使いやすい商品を購入することができるのは、こういった方々の働きのおかげなのだということも再認識しました。他にもIOT推進によるペーパーレス化にも取り組んでいると知り、従来の事業だけでなく中小ながらも先進的なことにどんどん挑戦していく活発な企業だと感じました。

Sさん 説明会でも社員同士仲がいいんだろうなと感じてはいましたが、実際に行ってみて、会社全体で社員さんの距離がとても近く印象に残りました。とても雰囲気のいい会社だったと思います。

この企業のインターンシップ詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
トップへ戻る