株式会社本間組|インターンシップの感想

株式会社本間組のインターンシップの感想

株式会社本間組にてインターンシップを体験したKさんに感想を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

私が、インターンシップに参加させていただいた本間組は、新潟市に本社のある総合建設会社(ゼネコン)で、港湾土木工事を得意としていることが特徴です。私たちが豊かで安全、安心に暮らせるための街づくりを土木建築、環境の技術によって提供している企業です。
インターンシップの担当をしてくださった社員の方の工事に携わる様々な人へ気配りをしている姿を見て、コミュニケーションが取りやすい雰囲気、のびのびと仕事ができる環境だと感じました。また、会社全体でも働きやすい職場づくりを目指しているとお聞きしました。

どんな事を体験しましたか?

今回私は、雨水を一時的に貯め河川への流出量を調整することを目的とした地下構造物(調整池)の築造工事に伺いました。
内容として地域の冠水、浸水被害軽減を担う工事でした。施工管理職の仕事内容の説明、現場見学、品質管理の一貫での測量実習、品質や安全、施工に関する工事書類を拝見するなどをしました。書類作成など、デスクワークが思ったよりも多いことには驚きました。工事写真撮影時の黒板への作業内容の書き方や、作業をする協力会社の選定も自分たちで行うなどを教えていただきました。
また、1日だけ港湾工事の見学に連れて行っていただき、港湾構造物や役割について、新潟の海岸の特徴等を踏まえた説明を引率の社員さんからしていただきました。大学の講義ではわからない知識習得、経験ができたと思います。

何を学びましたか?

施工管理職は、自ら計画した通りに上手く工事が進み、完成に導くことが仕事のやりがいであることを知りました。必ずしも全て上手くいくわけではなく、天候や自然条件など様々な苦労を乗り越えながら工事を進めるので、経験則に基づいた臨機応変な対応が必要だと知りました。
ゼネコン社員、施工管理職を目指すにあたって学生生活の中で今自分が何をしなければいけないのかを学ぶことが出来たと思います。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

今後の進路として考えている業界、職業を実際に体験することができ、とても良い経験になりました。具体的なイメージがないまま漠然とした施工管理職という言葉だけが一人歩きをしていたのですが、インターンシップを通してリアルを体験することで鮮明なイメージを持てたことが大きな収穫だったと思います。
これからの学生生活では今回の体験をモチベーションに変え、学業はもちろんCAD操作の勉強や必要な資格勉強に活かそうと思いました。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

インターンシップを終えて、建設業界への就職希望の意識がより高まりました。目で見て肌で感じることで仕事のやりがいや楽しさを知ることができ、モチベーションへの影響にもなりました。
また、働く人たちの人柄、社風を身近で感じることができ、建設業界のイメージが柔らかいものとなりました。1日だけのインターンシップなど色々ありますが、数日間体験しなければ見えない世界があると思います。なので、長期休暇など時間がある時に数日間のインターンシップ参加をおすすめします。

最後に、お忙しい中ご対応いただきました本間組の皆様、短い期間ではありましたが様々なことをおしえていただき、ありがとうございました。今後の学生生活の糧にして頑張りたいと思います。

この企業のインターンシップ詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
  • 賛同します。パパの育休取得。にいがたイクメン応援宣言!
トップへ戻る