株式会社星光堂薬局|インターンシップの感想

株式会社星光堂薬局のインターンシップの感想

株式会社星光堂薬局にてインターンシップを体験したOさんに感想を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

星光堂薬局株式会社様は、お客様想いの『町の薬屋』です。
店内でお客様とすれ違った時などでも、店員はお客様に対し、こまめに笑顔で挨拶をしていました。その甲斐あって、お客様の方から声が掛かることが多く、お客様から信頼されている薬局であると思います。
また、社員同士の連絡・報告・相談も活発で、笑顔も挨拶も気持ちの良い感じで、てきぱきと品出しされています。活気に溢れる雰囲気の企業様であると思います。

どんな事を体験しましたか?

インターンで主に行ったのは、商品の品出しと前出し、サッカー作業でした。
品出しは、お店が始まる前の商品の補充です。軽い商品を任せて頂いたように感じます。
前出しは、奥に行ってしまった商品を、お客様が見付けやすくするために手前に出す作業です。手前に出す時、手が引っかかり商品を落としてしまった時もありました。
サッカー作業は、レジを打つ人の横に立って、レジに通した商品を袋詰めする作業です。実習をしてみて、商品の量や大きさをみて袋を選ぶことが難しいものだとわかりました。

何を学びましたか?

売上を伸ばすためには、店員の身だしなみやその場に応じた表情、声色といったものを使ってお客さんに捧げるサービスの姿勢が必要であることを学びました。イメージとしてわかってはいたのですが、実際にやってみると、すぐにはできないことが多かったです。言葉遣いも、すぐには身につくものではないので、日頃から意識していきたいと思います。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

接客を行ったのは初めてでしたが、やはり、すらすらと敬語で話すことは難しく、自分に苛立ちを感じました。お客様に話しかけられた時、つい普段の言葉遣いが出てしまいます。お客様どう思われたかはともかくとして、模範的でなかったと反省しました。
インターンシップで知りえた、望ましいと思う社会人像に近づくべく、まずは言葉遣いを正していきたいと思っています。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

インターンの中で、店内の棚の配置を考える課題が出たのですが、そこで、お客様が求めるものと企業側が何を主に売りたいのかを考えて商品を配置する必要があるということを知りました。お店の商品は単にジャンル別に並べているわけではないのです。
また、配置方法にも、様々な工夫があることを知り、インターン後は買い物に行くと商品の配置に注目するようになりました。
このように、インターンシップ参加後は、日常生活における視点にも変化がありました。

この企業のインターンシップ詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
  • 賛同します。パパの育休取得。にいがたイクメン応援宣言!
トップへ戻る