株式会社スミック長岡硝子|インターンシップの感想

株式会社スミック長岡硝子のインターンシップの感想

株式会社スミック長岡硝子にてインターンシップを体験した皆さんに感想を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

M・Kさん
社名にあるガラスや窓枠のアルミサッシ、キッチンやお風呂などの住宅設備機器を卸売りしている企業です。

S・Kさん
アットホームで、学生に対しても親切な企業です。

A・Tさん
社員同士が年齢・男女関係なく仲の良い企業でした。

どんな事を体験しましたか?

T・Yさん
スミックの本社で会社概要の説明を受けた後、クリナップショールームへ移動、そこで展示品を利用しての営業体験を行いました。また帰社後には、社員さんへのインタビューや、インターンシップを通しての自己分析を行いました。

M・Kさん
会社説明を受けて社内見学をした後、実際のショールームで営業ロールプレイングを行いました。最後には社員さんが学生の疑問や質問に答えて下さる時間をとって下さりました。

何を学びましたか?

K・Yさん
営業職をするにあたってのコミュニケーション能力を学びました。

T・Yさん
より良い営業を行うには、お客さんの要望や困りごとを引き出す対話を行うことが重要だと学びました。また同時に、それを行うことは難しいものだと感じました。
自己分析では、インターンシップを通してでしか分からない自分に気づくことができました。

S・Kさん
自分にどんな仕事が向いているかの参考意見を手に入れました。

R・Hさん
営業体験により、自分の知識を相手に流れに合わせて伝えるというのはとても難しいと感じましたが、とてもいい経験になりました!人に伝えることの基礎を学べたような気がします。

H・Nさん
社内見学では、部署や工場でどのような仕事をしているのかを知ることができました。ショールームでの営業体験では、お客様に合った商品やサービスを提供する事の難しさやテクニックを学びました。質問コーナーでは、自分に合った職種を知ることができました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

M・Kさん
勝手に苦手意識を待っていた営業という仕事をあえて体験することで、狭めてしまっていた就職先の選択肢を広げることができました。就職活動が始まる前にもう一度自分の将来の仕事について、考え直していこうと思います。

H・Nさん
自分に合った職種がどの様なものなのかもわかっていなかったので、今回のインターンシップで明確になってよかったです。その職種について、これからは調べていきたいと思います。

A・Tさん
お客様だけでなく、会社の方も含めて話をよく聞き、そこからニーズをくみ取れるようにしたいです。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

T・Yさん
以前はスミックはBtoB企業であるために、どのような企業であるか全く分かりませんでした。しかし参加後は、スミックについて知るとともに、スミックならではのやりがいや魅力を見つけることができました。

S・Kさん
営業職や卸売業に対しての、イメージができるようになりました。

K・Yさん
営業職はあまり興味がなかったのですが、この経験で視野が広がりました。

A・Tさん
もともと営業職は苦手だと感じていましたが、体験してみると、むしろ得意な方なのではないかと思えました。

この企業のインターンシップ詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
  • 賛同します。パパの育休取得。にいがたイクメン応援宣言!
トップへ戻る