新潟県農業協同組合中央会|インターンシップの感想

新潟県農業協同組合中央会のインターンシップの感想

新潟県農業協同組合中央会にてインターンシップを体験した皆さんに感想を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

Hさん
新潟の農業をよりよくするための様々な活動を行っている団体です。
また、新潟の農家さんが農業をしやすくなるためのサポートをする団体です。

Tさん
新潟県農業協同組合中央会様は人々が助け合うことで農業経営や人々の生活を守ることを目的とした団体です。

Wさん
新潟の農業を担い手支援や経営相談などの支援活動で元気にさせていくだけでなく、農業や食料の大切さを地域の方々に知ってもらう活動も行っている組織です。

どんな事を体験しましたか?

Hさん
●中央会さんの仕事内容の説明
●新潟の農業を元気にする方法を考えるグループワーク
●先輩職員の方々との座談会

Tさん
まず、はじめに仕事内容の紹介と、新潟県農業協同組合中央会様がどのような組織であるかということの説明を受け、その後グループワークによって『新潟県の農業を元気にするには』というテーマでパワーポイントを作成し、発表しました。最後に先輩方との意見交換をさせていただき、職場を見学させていただきました。

Wさん
まず、JA新潟中央会の組織・事業の展開について紹介して頂き、続いてグループワークで「新潟県の農業を元気にするには」をテーマに新潟県の農業の現状から考える意見を出し合いました。

何を学びましたか?

Kさん
新潟県内におけるJAグループの関係とそこに位置する新潟県中央会の役割と事業内容を学びました。
また、参加された学生の方々とのグループワークを通して一人では考えつかなかった発想と、社員の方々からのフィードバックを通して実際に取組まれている事業について学ぶことができました。

Wさん
JA新潟中央会は、県内のJAグループをまとめる中心組織であることが分かりました。そして、グループワークでは、グループの人と短時間の中でいかにしてテーマに沿った現実的な意見をまとめていけるか考えることが難しかったです。その中で新潟県の農業は新潟特産の農産物のPR方法を改善していく必要があるのかなということが分かりました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

Hさん
仲間と意見を出しあいながら、グループワークを進めていくことの難しさを知ったので、社会人になる前にグループワークをする機会を増やして慣れていきたいです。
また、知識が少ない状態では、よい意見を提案することができないことも知ったため、グループワークをする際、テーマに関する知識を十分に持った状態でグループワークに望めるように準備しておきたいです。

Kさん
事業は多くの人たちとの協力があってこそ成り立つため、各分野の知識とともにコミュニケーション能力を高めることが重要だと感じました。

Tさん
様々な企業が存在する中で今回新潟県農業協同組合中央会様のインターンシップに参加させていただいたことで、普段どのようなお仕事をなさっているのか、職場の雰囲気など企業研究をする上でとても参考になりました。この体験を活かして就職活動に臨んで行こうと思います。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

Kさん
新潟県が抱えている農業分野の課題とそれを乗り越えるための取り組みを具体的に理解することができました。また、グループワークを通して学生間で意見を出し合うことで県の農業への意見を実際に共有することが大きな収穫になりました。

Wさん
新潟県の農業の現状について大学の勉強などでなんでも知ってると考えていました。しかし、知っているだけで終わっていて、これからの新潟県の農業について何も考えていませんでした。今回、グループワークを通して新潟県の農業のこれからについて考えるきっかけが出来ました。

この企業のインターンシップ詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
  • 賛同します。パパの育休取得。にいがたイクメン応援宣言!
トップへ戻る