株式会社日園|インターンシップの感想

株式会社日園のインターンシップの感想

株式会社日園にてインターンシップを体験したMさん、Tさんに感想を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

Mさん
株式会社日園は、新潟市秋葉区白根にある、球根・花卉園芸種苗の生産及び卸販売、球根及び園芸種苗の輸入販売を行っている会社です。創業は終戦直後の昭和22年で、70年以上の歴史を有します。本社の他に、新津農場、中山農場があります。従業員数は中山農場では社員・パート合わせて30人程で、とてもアットホームな雰囲気の職場でした。

Tさん
株式会社日園は、球根の卸売をしています。また、花木と宿根草の生産・販売をしています。インターンシップを通じて、変化に対応している会社だと感じました。

どんな事を体験しましたか?

Mさん

1日目 農場の施設の説明、温室のポット苗への肥料散布、
屋外のポット苗の草取り・切り戻し・肥料散布
2日目 屋外のポット苗の草取り・切り戻し・肥料散布
3日目 農場の清掃、整理整頓

Tさん
ポットに肥料を入れる・出荷の準備・清掃などを体験させていただきました。

苗木に肥料をやる作業

何を学びましたか?

Mさん
様々な宿根草類を扱っており、それぞれの植物に合わせて管理しなければならないのが大変だと思いました。そのため、本社と現場、社員とパートさんの意思疎通・連携が非常に重要なのだと思いました。

Tさん
取り扱っている商品のことや専門用語のほか、就活についてのこと、また新潟県の園芸の歴史・業界の現状を学ぶことが出来ました。

社会人になる前の準備として、この体験をどのように活かしますか?

Mさん
仕事をスムーズに行うためには、従業員同士の信頼関係の構築が重要だということを学んだので、普段のたわいもない会話でも大事にしていきたいと思いました。

Tさん
業界に限らず、世の中の変化に対応していかなければいずれ衰退するので、世の中の動向を主に新聞を通してチェックをする必要があると改めて思いました。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

Mさん
インターンシップ参加前は、苗や球根の卸売というのはあまりイメージが湧きませんでしたが、生き物を相手に期日に合わせて生産管理をする大変な仕事だと分かりました。また、老舗こそ会社の方針を明確にした上で、時代の波に乗り遅れないことが大事だということが分かりました。

Tさん
参加前は、園芸のことは全然知りませんでしたが、今回の体験で知ることが出来たので良かったです。また、何も分からないのでうまくやれるか不安でしたが、いざやってみると集中して出来ました。周りの方々の人当たりも良かったため、時間があっという間に過ぎて行きました。そして、植物を育てる楽しさが感じられたので良かったです。

この企業のインターンシップ詳細情報

関連サイト

  • にいがたUターン情報センター
  • 新潟県企業情報ナビ
  • 企業の人材確保・育成支援 にいがたジョブカフェ
  • 賛同します。パパの育休取得。にいがたイクメン応援宣言!
トップへ戻る