社会福祉法人 吉田福祉会きららおひさまこども園|インターンシップの感想

社会福祉法人吉田福祉会きららおひさまこども園のインターンシップの感想

社会福祉法人 吉田福祉会きららおひさまこども園にてインターンシップを体験したSさんに感想を伺いました。

企業をご自身の言葉で紹介して下さい。

実習に入った「きららおひさま子ども園」様は、明るく活気のあるこども園です。
子どもたちに「生きる力」をつけてもらうために、一人ひとりの子どもたちに合わせた保育・教育を行っています。
療育が必要な子どもには、併設する児童発達支援事業所で個別支援計画を立て、保護者・地域・小学校と連携しながら、一人ひとりの特性に合わせて療育を行っているところも特徴的です。

 

どんなことを体験しましたか?

社会福祉法人 吉田福祉会様が運営する福祉施設のうち、「きららおひさまこども園」に併設する「きららにじぐみ」で実習させて頂きました。
「きららにじぐみ」では療育に同行したり、子どもたちと一緒に遊んだり、そのほか、特別支援学級に通っている小中学生と、行事の作品を一緒に製作したり、宿題を手伝ったりもしました。

そこで何を学びましたか?

子どもたちは一人ひとり違うので、1つの障害と診断されても、一括りには出来ないことを学びました。
子どもたちと触れ合っているうちに、徐々に一人ひとりの特性を知ることが出来ました。その上で、 出来なかったものが出来るようになった時の、子どもたちの達成感や喜びを学ぶことができたと思います。

 

 

今後の学生生活でこの体験をどのように活かしますか?

私は現在、心理学と社会福祉について大学で学んでいます。
今後の学生生活では、授業で受動的に学ぶだけではなく、積極的にボランティア活動に参加して、現場で子どもたちと関わっていきたいです。
また、将来は子どもに関わる仕事に就きたいと思っていますが、どの様な仕事に就いたとしても、子どもたちとしっかり向き合っていきたいと思います。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

インターンシップの参加前に、学校の授業で発達障害について学びましたが、実際に子どもたちと触れ合ってみると、理論だけでは一概には言えないことがあるのが分かりました。
インターンシップでの経験によって、病気や障害の概念を見るだけではなく、子ども自身を見て、その子の特性を理解することが大切であると思うようになりました。

 

この企業のインターンシップ詳細情報

社会福祉法人 吉田福祉会