社会福祉法人長岡三古老人福祉会|2017年度|体験レポート・感想

Aさんのインターンシップ体験レポート

社会福祉法人長岡三古老人福祉会にてインターンシップを体験したAさんにお話しを伺いました。

受入れ先の企業・団体について、ご自分の言葉でご紹介して下さい

社会福祉法人長岡三古老人福祉会は、「~住み慣れた地域で安心して暮らしていただけるように~わたしたちがお手伝いします」という法人理念の下サービスの提供が行われています。
現場実習させていただいた、コンパクトシティ桜ガーデンプレイス福住は有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、グループホーム、企業内保育苑が入っている6階建ての施設です。

どんな事を体験しましたか?

最初に、法人の説明や社会人講座を受けました。
その後、現場実習として相談員の方から施設や事業等の説明を受け、施設見学、体操への参加、検食などさまざまな体験をさせていただきました。

 

そこで何を学びましたか?

社会人になるにあたっての心得と、福祉の倫理観について学ぶことができました。
特に、現場実習においては、「おむつゼロ」の実施に成功し、表彰した件についてお聞きし、利用者のQOLの向上や、尊厳の確保された生活というものを見直すことができました。
また、人員不足により多忙な施設が多い現状で、致し方ないことだと感じていたことが、成功例を見て実際に話をお聞きすると、根拠がしっかりしており、職員の方々と利用者の努力の結果であることを理解しました。疑問を持たないという罪が、利用者の尊厳を奪っているということを理解しながらも、あきらめて当たり前となっていることに関して見直さなければ、利用者本位の福祉を実現することはできないのだと実感しました。

今後の学生生活でどのようにいかしますか?

まず、現在行われている支援が真に利用者のことを考えて行われているか意識していきたいです。
また、それを日常生活でも活用し、相手の自己実現を真に思いやり、相手の言葉の真意を考え、延長線上にいる自信を都度見直していきたいと考えました。
そして、今後の就職活動においても真の利用者本位の福祉を決めつけず、常に疑問を持ちながら活動していきたいです。

インターンシップに参加前と参加後での変化を教えて下さい

インターンシップに参加するまでは、有料老人ホームに関しての知識が薄く、どういったケアが行われているか知らなかったが、実際に目で見ることによってイメージが明確化できました。
また、相談員の方の実際あった葛藤などもお聞きし、相談員の方の責任の大きさと福祉の奥深さ、職のやりがいを感じることができました。

この企業のインターンシップ詳細情報