新潟関包スチール株式会社|三条市|企業紹介

新潟関包スチール株式会社

顧客ニーズにあわせた様々な鉄材がたくさんある工場内。よく見ると素材・厚み・幅が異なります。

インターンシップではどんな体験ができますか?

会社・業界・製品説明の座学に加えて、業務フローを一通り体験します。実物の大型天井クレーンや機械設備の模擬操作、受注・在庫管理、測定具を使った検品、出荷など実務どおりに体験します。ものづくりの街三条を発信地に、素材づくりを通じてあらやる分野の商品づくりに貢献している私たちの取り組みを、ぜひ実習を通じて体感してください。

~3日間の例~

  • 1日目
    午前:会社概要、安全教育、機械設備の説明、工場見学
    午後:工場見学(入荷~生産~出荷)、工場模擬実習
  • 2日目
    午前:工場模擬実習(生産~受入/製品/出荷検査・置場管理)
    午後:品質マニュアル/作業手順/検査記録/日報について
  • 3日目
    午前:工場模擬実習(生産~受入/製品/出荷検査・置場管理)
    午後:事務業務実習(出荷指示書~出荷実務)および振り返り

※参加日数や日程のご相談に応じます。
(1dayでポイントを押さえたい、業務フローにじっくり取り組みたい等)

御社の事業内容や注力している点を教えてください。

新潟関包スチール株式会社は、冷蔵庫やエアコン・ファンヒーターなどの電化製品、自動車製品などに使われる、スチール製の部材を生産する会社です。国内は東北から九州まで37拠点、国外はタイ・上海・米国にも拠点のある、関包スチール株式会社グループです。当社はコイルセンターとして甲信越地域の中核を担っています。コイルセンターとは、鉄鋼メーカーと製品メーカーの間にあって、「加工」「品質管理」「在庫・流通」を担うもの。わかりやすく言うと、製品メーカーからの依頼に沿って部材を生産し、安定した品質で納品しています。

部材がないといかなる製品も作れませんので、なくてはならない業種といっても過言ではないでしょう。創業は昭和44年で、株主をはじめ、主要取引先には日本を代表する大手総合商社・誰でも名前を聞いたことがある家電メーカーが名前を連ねています。

どんな学生に参加してほしいですか?

  • 機械や設備に触れてみたい方
  • 生産現場に関心のある方
  • 文系・理系は問いません

地元で長く続く産業に携わりたい!という社員が活躍していますので、同じ想いをもつ学生さんは大歓迎です!

 

職員の方から見て、職場はどんな社風・雰囲気ですか?

お客様の品質や納期を満たすために、アイコンタクトによるチームプレーで仕事に臨んでいます。厳しい品質基準をクリアするため、力強い中に、繊細な気配りで黙々と作業しますが、休憩時は和気あいあいとしています。
工場スタッフが22名、事務所スタッフが14名と、部署が違っても顔と名前が一致し、すれ違えば挨拶ができる規模の会社です。年に2~3回は工場の敷地内でバーベキューをしたり、日にちを決めて飲みに行ったりと、和やかに交流しています。

記者からの一言

丁寧な説明をうけながら工場見学をさせて頂きました。大型機械を扱って作業するけれども、タイミングを見計らって、注文どおり正確に仕上げることは、繊細かつ職人技であると感じました。専門知識がなくてもスタートできますが、仕事の中で技を積み重ねていくことになるのだろうなと思いました。
繁忙期にお邪魔したのですが、皆さん穏やかな雰囲気で、すれ違う全ての方が会釈や言葉がけで挨拶してくださいました(^^)コイルセンターをこの目で見たい方!新潟関包スチール株式会社様のインターンシップにぜひ応募なさってはいかがでしょうか。

 

このページをご覧の学生さんへメッセージ

インターンシップ概要

企業名 新潟関包スチール株式会社
所在地 〒955-0002
新潟県三条市柳川新田922番地
最寄駅・交通手段
  • 自家用車通勤可

自家用車が至便ですがJR東三条駅への送迎も可能です。

業種 製造業
事業内容詳細 鉄鋼メーカーで製造された鋼板を切断、加工して自動車・家電・建築関連等のお客様に販売します。
実習場所 事業所
実習内容
  1. 工場での大型機械設備の操作や製品の検査・測定・記録
  2. 作業実績や品質DATAの入力やラベルの発行~出荷指示の作成
受け入れ可能人数 2人
受け入れ対象学生 大学生、短大生、専門学校生
実習時期 2~3月(相談に応じます)
実習期間 2~3日(相談に応じます)
外国人留学生対応
バリアフリー対応
交通費・宿泊費の補助
その他企業からのサポート  作業服・ヘルメット貸与 ※スニーカーで参加してください
市町村からの補助
 ウェブサイト http://www.kanpoh.co.jp/